M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


【M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro レンズの名玉度】

  *評価をお願いします。(Ratings of this Lens. Please Rate !!! )


M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro の新品・中古の価格(円)、販売状況 (Search listings)



楽天でM.ZUIKO 60mm 2.8を検索した結果。
 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm ・・・
価格:44170 円
 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
OLYMPUS オリンパス マイクロフォーサーズ用単焦点マク・・・
価格:43083 円
 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
ED60MMF2.8MACRO オリンパス M.ZUIKO ・・・
価格:46030 円
 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm ・・・
価格:46030 円
 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
【送料無料】 オリンパス 交換レンズ M.ZUIKO DIG・・・
価格:47041 円
 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
《新品》 OLYMPUS(オリンパス) M.ZUIKO DI・・・
価格:44170 円
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示しているショッピングモールでの検索結果は、本ページのレンズだけではありません。ご注意ください。(Listings are containing other Lenses !!)


M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro のレンズフード、レンズキャップ、レンズフィルターの価格(円)、販売状況 (Search listings)



楽天でM.ZUIKO レンズフードを検索した結果。
 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
《新品》 OLYMPUS(オリンパス) M.ZUIKO DI・・・
価格:43070 円
 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
《新品》 OLYMPUS(オリンパス) M.ZUIKO DI・・・
価格:43070 円
 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
《新品》 OLYMPUS(オリンパス) M.ZUIKO DI・・・
価格:24800 円
 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
《新品》 OLYMPUS(オリンパス) M.ZUIKO DI・・・
価格:46270 円
 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
《新品》 OLYMPUS(オリンパス) M.ZUIKO DI・・・
価格:26250 円
 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
《新品》 OLYMPUS(オリンパス) M.ZUIKO DI・・・
価格:52520 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*ここに表示されているレンズフード、レンズキャップは装着できないものも含んでいます。(Listings are containing other Lenses Hoods and Caps !!)
対応したレンズフードでない場合、装着できても、通常撮影時、フラッシュ撮影時にフードの影が映り込むことがあります。 ご注意ください。
ネジ式、バネ式、その他の装着方式があります。ネジ式の場合には、レンズの直径とネジのピッチを確認する必要があります。
レンズキャップはバネ式の場合、レンズの直径が合えばある程度、汎用的に使うことが可能です。径が同じ他メーカーのキャップが使えることも有ります。




M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro のレンズ構成(群、枚)、最短撮影距離(m)、絞り値、重量(g)、マウント、コーティング (Spec of this lens)


M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroの情報
  • 発売メーカー(Company):オリンパス(OLYMPUS)
  • 発売日(Release Year in Japan):2012年
  • 発売時の定価(Price:JPY):62475円
  • 焦点距離(Focal Length):60mm
  • 絞り(Diaphragm):2.8-22
  • レンズ構成(Optics):10群13枚(groups,elements)
  • 最短撮影距離(Close Focus):0.19m
  • 重量(Weight):185g
  • 対応マウント(Mount):マイクロフォーサーズ(Micro Four Thirds System)
  • 備考(Description):マクロレンズですが、マイクロフォーサーズ規格のため35mm換算で焦点距離が2倍の120mmになりますので、望遠マクロと言えるレンズかもしれません。かといって、1m弱離れて居なければ撮影できないレンズと違っていて、非常に近接で撮影できるために、だいぶ大きく被写体を撮影でき、手軽に扱いやすいマクロレンズです。
*記載ミス、調査ミスなどもあります。また、製造年により仕様が変更されていることもよくあります。ご購入の際には、現物をよくご確認ください!


[ Olympus M.Zuiko Digital ED 60mm f/2.8 Macro ] Groupの作例 - ポートレート、スナップ、風景写真 - Photo Gallery (http://www.flickr.comより)

他のレンズで撮影された写真の場合があります。(Works may be taken by other Lenses)

写真はhttp://www.flickr.com/に公開されている作品です。それぞれの写真はリンク先の作者にクリエイティブ・コモンズに基づいた権利を有します。
Some rights reserved by each author of the link on each photo.










 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro







M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro のレビュー、評価、比較、作例、名玉?分解整備の情報など (Comments of this Lens)



  • 下手なズームを二本持ち歩くよりも、ずっーと、これ一本持っている方がいい!!最初から何本もセットで入っていておまけに買い足してものぞんだ写真が撮れなくてどうやったら楽しいと思える写真が撮れるのかなって考えても分からない。それで辿り着くレンズというのがマクロレンズです。どのカメラでも大抵はこのマクロレンズ終着点という現象が起きている気がする。結局、ズームレンズでは淡いボケが欲しいとかもっとくっきり画質がいいと思い出してから、単焦点の薄いレンズを買うけれど、花を撮ろうとすると近寄れないことに気が付き、もっと大きく写すにはどうしたらいい?とおもって、もっともっとって、mmが大きいレンズを買えばいいのかと思ったら、また近寄れる距離が重要であることに気が付き、さらにはそういうのは専用のマクロレンズというのがあって、さらには、そのマクロレンズは単焦点レンズで画質がとてもくっきりしていて、さらに、近寄って撮影するから背景は普通の単焦点レンズよりもずっとぼやけて見える。そして、マクロの世界は人の目とは違い、普段見慣れているものが何でも新鮮な被写体になってしまうから、結局、これが最高ってなって、このマクロレンズばかり使うようになってしまうっていう現象です。


  • これ一本で昆虫の目が見えるくらいにまで大きく写すことができますし、通常のレンズと同じように人を写すこともできます。若干、中望遠気味になりますので景色を全部収めたり、建築物を収めるには少し離れないと難しいので、室内で壁全体を写す必要があるときは、広角の焦点域が入ったズームレンズで好きなフレーミングをして撮影するために、標準ズームレンズも一緒に持って行くと安心です。ただ、中途半端に大きいマクロよりもずっと大きく寄れる拡大できるマクロの方が面白いです。普段見れない細かい部分を見るのって、楽しくて人を魅了するものがあります。それは今まで見たこと無い風景なわけですから当然といえば当然ですが。。 マクロレンズですが、普通に少し離れた被写体を大きめに撮影することができるのもかなり使い勝手がいいもので、一般的なポートレート撮影レンズとして使い方ができてしまっています。若干、寄りのポートレートにはなります。


  • マクロレンズで撮影したミクロの世界を白黒にすると、とても斬新な写真が撮れることに気が付きました。ただでさえ見慣れていない様子が白黒という単調な世界になったことによりさらに新しいものになっていくようです。白が飛んだり黒つぶれもひどくは無い気がします。これをやると自分がアーティスティックな人になったのかと思えてきます。なんだかそんなことを手軽にやってみるのに最適なカメラとレンズの構成を実現できる良いレンズだと思いました。これはこのレンズの軽さがなせることです。とにかく軽いことがいい。持ち出せないレンズ、持ち歩くのに疲れてしまうレンズではこのレンズを使うためのマイクロフォーサーズのカメラの意図された使い方では無くなってしまいます。軽くて小さくて軽量なこと、これが一番大事です。さすがにスマホのマクロ機能が向上すると言っても、物理的な限界があるのでここまでのものは撮影できません。レンズの製作技術は日本のメーカーは世界からもとても定評が合って、今現在のカメラシェアを見れば明白な事実です。スマホのレンズも同様に日本のカメラレンズメーカーが設計するのが一般的な考え方だと思いますが、それが超小型で実現できるなら、普通のカメラはもっと高画質になっているはずです。だから、やはり、かさばってもスマホはSNSアップ用、素早くメモ用、デジカメはカメラを外に出して写真を撮るぞって思いながら歩くのに向いています。今度の休みにどこどこに写真を撮りに行こうっていって、スマホだけで挑むのは勇気ある者たちだけです。







M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro の評判、感想、口コミ-M.ZUIKO 60mm 2.8を含むツィートの検索結果 (Twitterより)




facebook M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macrotwitter M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macrofacebook M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macrotwitter M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroby icon M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro



このレンズは自分のカメラに装着できるのか?( Search Lens Mount Adapters )


・【異なるメーカーのオールドレンズを付ける方法】(ページヘ移動する)



他のレンズを探す( Search Lenses )


  • キーワードで検索する( Search by Keywords )





  • おすすめのページ!



    おすすめのページ

    マクロレンズ おすすめ-リバースアダプタ

    マクロレンズ おすすめは?と聞かれれば、それはマイクロニッコールだよ。といいますが、スマホでいいんじゃない?と思います。もしくは、コンデジ。 そういう普通のマクロが撮れればいいんだったら、断然、スマホ、コンデジ、です。 なぜなら、3cmとか簡単に寄れるものがあります。一体、高齢になったらスマホは必須なのにどうなるんでしょうね。国民全員にスマホを配布するのか?新聞やNHKでさえ、未だ、配布されていない現代ではあり得ません。

    ハウスドゥ!競売対策にハウス・リースバック!

    住宅ローンを組んでいる者としては競売って言葉は、身が凍える思いがする言葉ですね。こんなこと一生関わり合いたくないものだと思っている人が100%です。 誰もそんな目に会いたくないと思っているわけですが、実際、そうなった時、どうするの??? ということになります。

    オールドレンズ おすすめ、名玉

    一般的に有名な銘レンズと言われているレンズがあります。 それは、口コミ、感想などというよりは、値段、ステータスのようなもので、いいかどうかじゃなく、いいはずだという、高級レンズという意味合いの強いもので、高い値段をつけるので、決して悪くはなく、当時の最高技術を結集したものであるため、いいものだということが言えます。

    さてオクは高く売れる?仕組み、急ぎの不動産売却に!

    おそらく、今後、展開していくと思いますが、まずは、「東京」「神奈川」「埼玉」「千葉」が対象です。 「さてオクの」特徴は、

    マウントアダプター、フランジバック

    以下の一覧にあるレンズのフランジバックよりも短いフランジバックのカメラボディがあれば、補正レンズの無いマウントアダプターで近接から無限遠まで撮影出来る可能性があります。


    おすすめの商品

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    Leica 11667 Noctilux-M 50mm/f0.95 ASPH Normal レンズ, シルバー (海外取寄せ品)
    価格:1988295円(税込、送料無料) (2016/11/26時点)







    Iphoneアプリ おすすめデジカメ、レンズ、感想フィルムカメラ、自家現像水槽レイアウト公園、自転車 改造 クロスバイクトマト 育て方 種類 病気家庭菜園-育て方キュウリ 育て方 病気 節成 摘芯イチゴ 育て方 レシピ種まき時期、発芽適温、日数、育て方エビ飼育根、茎、葉、葉脈、断面ナス 育て方 レシピゴーヤー 育て方 種類 摘芯蕪 育て方 種類 レシピ水耕栽培