OLYMPUS OM-SYSTEM F.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.8


【OLYMPUS OM-SYSTEM F.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.8 レンズの名玉度】

  *評価をお願いします。(Ratings of this Lens. Please Rate !!! )


OLYMPUS OM-SYSTEM F.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.8 の新品・中古の価格(円)、販売状況 (Search listings)



楽天でZUIKO 50mm 1.8を検索した結果。
 OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
【あす楽】 【中古】 《難有品》 OLYMPUS OM 50・・・
価格:5800 円
 OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
日本製レンズ オリンパス Fズイコー オートS 50/1.8・・・
価格:21600 円
 OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
【あす楽】 【中古】 《難有品》 OLYMPUS OM 50・・・
価格:5800 円
 OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F・・・
価格:36288 円
 OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
Olympus トラベル レンズ キット (M.Zuiko ・・・
価格:159192 円
 OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
オリンパス 交換レンズ 150mm相当 M.ZUIKO DI・・・
価格:101681 円
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示しているショッピングモールでの検索結果は、本ページのレンズだけではありません。ご注意ください。(Listings are containing other Lenses !!)


OLYMPUS OM-SYSTEM F.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.8 のレンズフード、レンズキャップ、レンズフィルターの価格(円)、販売状況 (Search listings)



楽天でZUIKO レンズフードを検索した結果。
 OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
《新品》 OLYMPUS(オリンパス) M.ZUIKO DI・・・
価格:43310 円
 OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
《新品》 OLYMPUS(オリンパス) M.ZUIKO DI・・・
価格:43310 円
 OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
《新品》 OLYMPUS(オリンパス) M.ZUIKO DI・・・
価格:26250 円
 OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
《新品》 OLYMPUS(オリンパス) M.ZUIKO DI・・・
価格:26250 円
 OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
《新品》 OLYMPUS(オリンパス) M.ZUIKO DI・・・
価格:45050 円
 OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL・・・
価格:3933 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*ここに表示されているレンズフード、レンズキャップは装着できないものも含んでいます。(Listings are containing other Lenses Hoods and Caps !!)
対応したレンズフードでない場合、装着できても、通常撮影時、フラッシュ撮影時にフードの影が映り込むことがあります。 ご注意ください。
ネジ式、バネ式、その他の装着方式があります。ネジ式の場合には、レンズの直径とネジのピッチを確認する必要があります。
レンズキャップはバネ式の場合、レンズの直径が合えばある程度、汎用的に使うことが可能です。径が同じ他メーカーのキャップが使えることも有ります。




OLYMPUS OM-SYSTEM F.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.8 のレンズ構成(群、枚)、最短撮影距離(m)、絞り値、重量(g)、マウント、コーティング (Spec of this lens)


OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-S 50mm F1.8の情報
  • 発売メーカー(Company):オリンパス(OLYMPUS)
  • 発売日(Release Year in Japan):年
  • 発売時の定価(Price:JPY):円
  • 焦点距離(Focal Length):50mm
  • 絞り(Diaphragm):1.8-16
  • レンズ構成(Optics):5群6枚(groups,elements)、4群6枚(groups,elements)(new)
  • 最短撮影距離(Close Focus):0.45m
  • 重量(Weight):165g
  • マウント(Mount):Olympus OM system
  • 備考(Description):初期型はFが表記されています。その後MC(マルチコーティング)を施して、Fを表記しなくなり、MCと表記して、その後、MCの表記もなくなりました。レンズ構成が見直されています。この時に設計が変わってその後まで続く形に落ち着いたようです。このレンズ構成により、写りが違うかもしれません。F表記、MC表記のものは5群6枚で、最終型が4群6枚となっています。最終形は初期型と違い金属からプラスチック製の鏡筒になって軽量化されています。このレンズはとにかく、厚さが薄くとてもコンパクトです。

    この厚みでこれだけの写りがすればほんとうに十分です。しかも、F1.4の廉価版なのですが、本当に中古市場では驚くほど安く、F1.4の10分の1以下で買えたりしますが、個人の好みもありますが、これの写りがF1.8なのにF1.4に負けていない、もしくはいいという意見も出るくらいです。当然のことながら、国産レンズのF1.8 50mmの中ではダントツにいいレンズだと言えると思われます。得てしてF1.8のレンズは絞ればシャープですが、開放近くで撮影すると、背景はゴリゴリで二線ボケがひどくてたまりません。このレンズはかなり良質なボケを出してくれるようです。

優秀なF.ZUIKOレンズ50mm 1.8

これほどクセのないしっかりとした写りをするレンズが昔からあって、それが何世代かバージョンを変えて、生産され続けてきたことはいかに、カメラの技術が一眼レフカメラが発売されてからすぐに、完成に近い領域にあったかということがわかります。 現代のレンズと40年以上前のレンズであっても、まるで、若干、コーティングが違うけど、、それ以外は普通に同じように単焦点の素晴らしい写りをする。といえるものがたくさんあり、このZUIKOレンズの代表のような50mm 1.8という大衆向けレンズがその性能の良さを発揮しています。

たしかに、和製何とか、、と言われていたわけではありませんが、ZUIKOレンズがどうして有名、人気であり、今でもその名前が付いているだけで、みなおっと言うのかといえば、それはやはり、この時代のレンズが成し遂げた偉業であると言えます。すでに一眼レフになる前の二眼レフの時代から、ZUIKOレンズのシャープさは定評があり、高級機に他社がZUIKOレンズを採用していたようなことがあり、まるで、海外の優秀な技術を持った会社の部品を組み込んで、高級バージョンとして売っているというような位置づけであったりしたわけです。

これはまるで、何とかというメーカーのグラフィックメモリが搭載されているから1万円高いというパソコン。みたいな感じで、今でこそ、グラフィックメモリ?はー?なにそれ?そんなのメモリなんていくらでも積めるじゃないか?ということが言われますが、昔は高くて制限があったために、特別に3DのCGなどを表示するために、その専用のボードが必要で、それが海外製でかっこいいデザインのボードで見た目からしてクールでわざわざ高いかね出して買う人が多かったのです。自分もまるっきり3Dなどやらないのに、ただ、メインメモリが空いて軽くなるんじゃないかという理由だけで、1万円以上多く出したのを覚えています。実際に届いたパソコンは、あまりにも遅すぎて、あまりの衝撃に涙が出てきそうでした。さらには、Vistaの出始めの頃で、とても運用に耐えられず、勝手に落ちまくりで、その後もまるっきりだめで、なぜか、WindowsUpdateを当てていくと、かならず、同じ所で、起動不能になるというとんでもないものをつかまされてしまいました。

それは今ではXPにダウングレードして一応、緊急時のPCとして置物となっていますが、熱くて発熱し過ぎで、本当に使えません。 そんなことをしてしまうくらいに、特別なパーツを作れるメーカーというのは凄いものです。オリンパスもZUIKOレンズをレンズだけ販売しても人気になる、また、一眼レフではマウントを使った、日本お得意のフォーマット競争が始まり、ZUIKOを使いたいから、オリンパスの一眼レフカメラを買うということが起きたわけです。

たしかに、この廉価版レンズとしての位置づけの50mm1.8レンズでさえ、これは海外の何とかなんとかが作ったレンズと言われても信じてしまうほど、いい写りをするようになっています。それだけ、ズイコーレンズが素晴らしいということを感じさせてくれる1本であると思います。

軽量コンパクトなF.ZUIKOレンズ50mm 1.8の外観

初期型が発売されて以来、いくつかのバージョンがほぼ同じレンズ構成で発売されていて、若干の違いですが、刻印や鏡筒のデザインなどが異なるものがあったりします。このあたりは、どこのメーカーのレンズも同じようなことがあります。見た感じからしてその薄さに驚きますが、持つとさらに驚くほどに軽いことに気が付きます。

DSC 9626 20150723 56403 300x198 OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
F.ZUIKOレンズ50mm 1.8の中古品です。見事に備品が揃っていました。

DSC 9625 20150723 56402 300x239 OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
F.ZUIKOレンズ50mm 1.8ののフィルタ径は49mmでした。

DSC 9624 20150723 56401 300x205 OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
F.ZUIKOレンズ50mm 1.8のレンズキャップです。やはり、レンズキャップは現代でも最新のものがありますが、当時のモノのほうが味わいがあり、いい感じです。

DSC 9623 20150723 56400 300x254 OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
後ろキャップが厚さがあるものを付けているので鏡筒部が長いように見えますが、実に短い筒です。


*記載ミス、調査ミスなどもあります。また、製造年により仕様が変更されていることもよくあります。ご購入の際には、現物をよくご確認ください!


[ Zuiko 50mm f/1.8 (OM mount) ] Groupの作例 - ポートレート、スナップ、風景写真 - Photo Gallery (http://www.flickr.comより)

他のレンズで撮影された写真の場合があります。(Works may be taken by other Lenses)

写真はhttp://www.flickr.com/に公開されている作品です。それぞれの写真はリンク先の作者にクリエイティブ・コモンズに基づいた権利を有します。
Some rights reserved by each author of the link on each photo.










 OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8







OLYMPUS OM-SYSTEM F.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.8 のレビュー、評価、比較、作例、名玉?分解整備の情報など (Comments of this Lens)



  • 50mm F1.8は、各社からF1.4の廉価版として必ず発売されていますが、ある意味これが一番多く出回っていて、そのメーカーの特徴を表しています。概して、F1.4に比べてF1.8はボケの透明な光の玉がゴリゴリ見えていて、特にデジタルカメラ、ミラーレス一眼のようなカメラにマウントアダプターを装着して使うことが非常に多くなり、フィルムよりも、一層顕著にボケのゴリゴリ感というのが気になり始めました。そんな時にこのZUIKOのF1.8は何か違うなというものがありました。確かに完全とは言いがたいですが、たいてい、6枚のレンズで構成されたF1.8レンズは各社、硬い感じで2線、3線のボケが多いのですが、このZUIKO 50mm F1.8は違う気がします。 柔らかいという感じとは違うと思いますが、ゴリゴリ、歪んで回転するとかというボケとは違う、大きく少ない透明な光の玉が現れるというかんじで、非常に見ていて美しい2重像が見えてきます。見ていられるボケが得られるというのは非常に少ない名玉だと思います。しかも、F1.8でというのが凄いと思います。他のメーカーのF1.4よりも綺麗なボケを見せてくれることがあるくらいです。コスト面においてもかなり優秀な1本だと思います。2本くらいまとめて持っておきたいくらいの常備レンズになりそうです。いや、いいと思います。この上品な感じのボケた部分での残像の重なり方が、高級レンズのそれに似ている気がします。柔らかくはないのですが、見ていられる背景ボケというのは、洒落たスナップ写真を撮る時に非常にいいものだと思います。


  • レンズマウントを改造してニコンFマウントを装着しました。やり方は簡単な方だと思いますが、外形は同じくらいの寸法でしたので、ニコンレンズの適当なものを選んで、ZUIKOレンズのマウントを外して被せてみることです。すると、内径がいくつかあって、レンズとぶつかるものがあるので、当たらないギリギリのものを選んでマウントを付け替えてしまえばできるわけです。もちろん、フランジバックがニコンの方が長いのでもはや、無限遠は諦めています。そして、次に大事なのは、OMマウントのレンズの開放測光になっているので、レンズマウント部から飛び出している絞りレバーを動かすと絞りが本来の設定した開きまで閉じるようになっています。これを制御しないと、Fが変えられません。このレバーをとると、バネが取れてしまい、常に開放というか、閉じたり閉じなかったりになってしまいます。まずは、絞りレバーを連動させてシャッターを押した時に自動的に絞ってくれるようにしたかったのですが、ZUIKO側の部品を上手く使えば可能だという情報もあったのですが、無理でしたので、とりあえず、ZUIKOレンズ内で、ZUIKO部品とバネを流用してバネを無理やりどこかのビスにねじ込んでひっかけて、常時絞りバネにテンションがかかる状態にして、開放測光から絞込測光というのでしょうか、つまり、Autoじゃなくて、絞ったら暗いレンズ越しにピント合わせが必要な状態になったのですが、一応、任意の絞りで撮影が可能になります。これで、あとはフランジバックを少しでも詰めるべく、鏡筒部分を削りました。絞りの銀色の枠が段になっていたので、ちょうどでっぱったところを削ると1mm削れるようでしたので、ヤスリで削りました。鉄の棒ヤスリを片手で持って床に押し当てて、上からレンズを持ってゴリゴリと削ります。こうすることでレンズ内部に削りカスが入ることを最大限防ぎました。 さて、あとは、上手く、ニコンFマウントのカバーをかぶせればいいのですが、ネジの止める位置がずれていて、またさらに、ネジの穴がニコンの方が内側に付いていたので、無理でした。ドリルで上手く位置合わせすれば可能ですが、自分は失敗しましたので、ボンドで永久に固定しました。ボンドは外壁補修用ボンドというのを使いました。強力で凸凹があってもものともしない、いいボンドです。 結果は、あと1mm程度フランジバックを削っていれば無限遠が出たことでしょう。。。近接は0.45mから0.4mになり、無限遠の位置でだいたい6mの位置にピントが合いました。あと一歩でした。でも、寄れるマクロ向きのレンズとしてAPS-C機で使う分にはいい感じです。ちなみにこれで、ニコンFのフィルムカメラにも装着できます。こちらは、標準的な視野角になり、スナップ向きです。6mと言えば、なんとか、撮れなくもないです。。 というか、フィルムなら、OMマウントのフィルムカメラOMシリーズを買えばいいだけのことですが。。。いずれにしても、フランジバックが長いニコンFはなかなか、マウントアダプターがないことが多いので、自分でくっつけるしかないことがあるのが難点です。もう、無限遠なんか関係ない、また、ヘリコイドが調整できればなんとかなるんでしょうが、、とにかく、なんでもいいから、現代ニコンでオールドレンズを使いたいという場合はほとんどがフランジバックが余裕が無いので、マクロ的になるか、無いために自作するしかありません。といっても結論はレンズの真ん中にニコンマウントをしっかりと貼り付けてしまえばいいだけで、あとは絞り込みのバネだけひっぱっておけるようにすれば、なんでもいけるんだと思います。意外と、ボンドもいいもんです。種類によりますが、下手なボンドだと簡単にハズレてしまいます。特に重いレンズではかなりの痛手です。せめてビス一本と、ボンドというのはいい手だと思います。もし、外すにしてもボンドは隙間からドライバーを突っ込んで力をかければはずれるかもしれません。貴重なレンズではできませんが、今では手に入りやすい標準レンズがありますので、そういうのが何本か入手できた時には、デジカメ用、フィルム用などと割りきって作ってみるのもいいかもしれません。


  • デジカメで使った感じでは、印象は繊細でシャープ気味みという感覚です。なんだか、繊細な感じがZUIKOレンズだなと思わせるものがあります。ボケは綺麗かといえば、特にとろけるような感じではなく、固めの感じです。透明感があって、気になるときは気になります。逆にこれを活かして目立たせて写真の味付けにしたらいいかもしれません。ボケ時に出る二重像は見られなくもない、、と、個人的には思いますが、これをあえて、見せる背景にして、夕景の夜間照明なんかを入れたら、きっと、高級感のある写真が撮れるような気がします。でも、まだまだ試行錯誤しています。


  • きっと、標準レンズであり、もっとも普及品であり、一般的なレンズです。ただ、ZUIKOの良さは持っていると思います。何がいいかというと、線が細い、それこそが魅力だった気がします。昔の中判カメラにZUIKOがD.ZUIKOというレンズを付けていたカメラがあったのですが、そこではZUIKOレンズがついたものは高値で高級品として扱われていました。もちろん、写りは繊細でシャープで線の細いものが撮れるというふれこみでした。とにかく、比較した元のレンズがトリプレットだったのですが、それが太めの像だったので、テッサー型のZUIKOが細く見えたのかもしれません。しかし、一般的に言って、シャープで硬めというのが傾向だというZUIKOレンズですので、まあ、その流れを組んでいない標準レンズなはずがありません。ここはメーカーの特徴を出す最大の場でもあります。





OLYMPUS OM-SYSTEM F.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.8 の評判、感想、口コミ-ZUIKO 50mm 1.8を含むツィートの検索結果 (Twitterより)


  • image OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
    7htDlFgg normal OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
    tknwTJ31 つきのわ
    いつ撮ったか忘れたけど自分で現像したモノクロ OLYMPUS OM10+zuiko AUTO-S 50mm F1.8 #filmphotography #フィルムカメラ
  • image OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
    XmDFJzHv normal OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
    akittyche * a k i *
    陽の当たる場所 SONY α7 Olympus OM-SYSTEM F.Zuiko Auto-S 50mm f1.8 #写真撮ってる人と繋がりたい
  • image OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
    XmDFJzHv normal OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
    akittyche * a k i *
    陽の当たる場所 SONY α7 Olympus OM-SYSTEM F.Zuiko Auto-S 50mm f1.8 #写真撮ってる人と繋がりたい
  • image OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
    XmDFJzHv normal OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8
    akittyche * a k i *
    陽の当たる場所 SONY α7 Olympus OM-SYSTEM F.Zuiko Auto-S 50mm f1.8 #写真撮ってる人と繋がりたい


facebook OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8twitter OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8facebook OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8twitter OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8by icon OLYMPUS OM SYSTEM F.ZUIKO AUTO S 50mm F1.8



このレンズは自分のカメラに装着できるのか?( Search Lens Mount Adapters )


・【異なるメーカーのオールドレンズを付ける方法】(ページヘ移動する)



他のレンズを探す( Search Lenses )


  • キーワードで検索する( Search by Keywords )





  • おすすめのページ!



    おすすめのページ

    マクロレンズ おすすめ-リバースアダプタ

    マクロレンズ おすすめは?と聞かれれば、それはマイクロニッコールだよ。といいますが、スマホでいいんじゃない?と思います。もしくは、コンデジ。 そういう普通のマクロが撮れればいいんだったら、断然、スマホ、コンデジ、です。 なぜなら、3cmとか簡単に寄れるものがあります。一体、高齢になったらスマホは必須なのにどうなるんでしょうね。国民全員にスマホを配布するのか?新聞やNHKでさえ、未だ、配布されていない現代ではあり得ません。

    ハウスドゥ!競売対策にハウス・リースバック!

    住宅ローンを組んでいる者としては競売って言葉は、身が凍える思いがする言葉ですね。こんなこと一生関わり合いたくないものだと思っている人が100%です。 誰もそんな目に会いたくないと思っているわけですが、実際、そうなった時、どうするの??? ということになります。

    オールドレンズ おすすめ、名玉

    一般的に有名な銘レンズと言われているレンズがあります。 それは、口コミ、感想などというよりは、値段、ステータスのようなもので、いいかどうかじゃなく、いいはずだという、高級レンズという意味合いの強いもので、高い値段をつけるので、決して悪くはなく、当時の最高技術を結集したものであるため、いいものだということが言えます。

    さてオクは高く売れる?仕組み、急ぎの不動産売却に!

    おそらく、今後、展開していくと思いますが、まずは、「東京」「神奈川」「埼玉」「千葉」が対象です。 「さてオクの」特徴は、

    マウントアダプター、フランジバック

    以下の一覧にあるレンズのフランジバックよりも短いフランジバックのカメラボディがあれば、補正レンズの無いマウントアダプターで近接から無限遠まで撮影出来る可能性があります。


    おすすめの商品

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    Leica 11667 Noctilux-M 50mm/f0.95 ASPH Normal レンズ, シルバー (海外取寄せ品)
    価格:1988295円(税込、送料無料) (2016/11/26時点)







    Iphoneアプリ おすすめデジカメ、レンズ、感想フィルムカメラ、自家現像水槽レイアウト公園、自転車 改造 クロスバイクトマト 育て方 種類 病気家庭菜園-育て方キュウリ 育て方 病気 節成 摘芯イチゴ 育て方 レシピ種まき時期、発芽適温、日数、育て方エビ飼育根、茎、葉、葉脈、断面ナス 育て方 レシピゴーヤー 育て方 種類 摘芯蕪 育て方 種類 レシピ水耕栽培