レンズ一覧(All Lenses)


・フィルムカメラの名機たち – 入門、人気、おすすめ、コンパクト、中判



IMG midfilm 300x263 ・フィルムカメラの名機たち   入門、人気、おすすめ、コンパクト、中判

a15L 466x700 ・フィルムカメラの名機たち   入門、人気、おすすめ、コンパクト、中判

世界で初めてカメラが登場して以来、1世紀以上にわたり、カメラの技術というものは進歩してきました。

フイルム時代にはものすごく大きな産業革命などの技術革新があり、めまぐるしく工業技術が発展して変わってきました。

そのため、初期に登場したカメラなどを見ると、今では考えられないような形や特徴、仕組みを持ったものがたくさんあります。また、その作りの良さからアンティークの装飾品としての価値もあるくらいです。

しかし、さすがに60~70年、もっとそれ以上経過したようなカメラは、部品が金属や皮といったものにできているため保存状態により、原型をとどめているだけにすぎないものも多く、きれいなものはあまりにありません。

70年前のカメラなどがキレイな状態であれば歴史的な資料としての価値もあり、高値で取引されると思うのですが、オークションなどを見ていると非常に安いガラクタ同然の価格で取引されています。

カメラの歴史というのは非常に興味深いものがあって、コダック社をはじめ、様々なメーカーが参入してきました。

そして、このカメラを通して世界中の、日本のメーカーといった、今でも有名な大企業となった工業メーカーのような会社がカメラを作り、その力で会社規模が大きくなっていたことわかります。

このように、電気メーカーなどは特にカメラの発展とともにメーカーが形作られたと言っても過言ではないくらいに、カメラというものは非常に大きな役割を果たしています。

そして時代が流れ、メーカーというのも名ばかりとなり、IT工事を受注し、請負先企業に丸投げするような実際にものづくりをしなくなったような風潮もありますが、特にカメラにおいてはほとんどのメーカーが撤退してしまいました。

これは思い入れがあって、最後の最後まで赤字が出てもどんなに儲けがなくても続けていたカメラをやむなく撤退していったという状態がおきました。 どのメーカーでも経験したことでほとんどメーカーが撤退してしまいました。

ほんとにこんなことでいいのかと思いますが、他の分野の事業であればもっと早くやめていたに違いありません。

しかし、カメラという非常にメーカーにとって思いれのあるジャンルであっただけに、これほどまでに採算が合わない状態でも続けていたのだと思います。

そしてさらに今は再編され、カメラメーカーというのはほとんど、片手の指で数えられる程度になってしまいましたが、さらにまた厳しい状態が続いてこれも崩れようとしています。

カメラというものが製品として世の中に登場していられる時代はまだ、続くのでしょうか?

そうは言っても、自動車が売れなくなって久しいですが、石油も高くなって環境などの考慮もあり、人口がどんどん減少していく中でも、まだじて残ってることを考えると、カメラメーカーも、やり方を変えたり市場開拓することによって今後もまだ、市場というものは伸びていくのかもしれません。

しかし、大型テレビのようにもういくら技術が進歩しても、それ以上は需要が見込めないようなものもあります。

カメラも少しぐらい古いものでも十分な性能持っていてほとんど問題がありません。こういった状態になると、あまり売れなくなってくるものです。

フイルムカメラ時代のこういったことがあり、結局カメラを買えば壊れるまでフイルムを取り替えていくだけで使えてしまうわけです。

また、数十年間使い続けても問題はないと言うものでした。

これはまるで、コンピュータのソフトウェアのようで一度、買う、作れば、永遠に使えるのですが、あまりにメーカーが儲からないので、ライセンスやセキュリティーパッチなどを理由に新しい製品代として、追加費用を継続して要求してくるようなものです。

世界で初めてのカメラや、最初の頃のカメラは、ただの四角いスーツケースのような箱にフィルムが入れてあって、そこに1枚のガラス玉が付いているものでした。レンズがないものもありました。

レンズは、1枚玉、単玉レンズと呼ばれるレンズでした。

このようなレンズなので、確かに写したものは微妙な写真になるのですが、実際には三枚のレンズがあれば十分に問題がなく、今見てもきれいだなと思えるような写真が撮れるようなものなのです。

このようなことから、カメラは3枚や4枚のレンズの時代が長く続いていました。

そして、かなり定着して普及していきました。

この期間に発売されたカメラは台数がかなり多く、昔のある一時期のかなほとんどが3枚、4枚のレンズになっていたりします。

またこういった状態が続くと、やはり、市場としては変化がないので使い続けられる大丈夫であるため、経営難におちいる会社も少なくありませんでした。

カメラが登場したときは、大型の箱に窓がついたものがカメラでしたが、その後、二眼レフと言われるような2つのレンズが付いたカメラが登場しました。その後、映画用の35ミリフィルムを使ったカメラが普及して一般的になりました。

映画のフィルムを使うなんて画期的、映画はカメラのフィルムだったのか、、などと思うところもいろいろありますが、映画に使うよりも遥かに付加価値を増して売ることが出来たわけです。

それがフィルムカメラが終焉するまでの間、ほとんど主流となって市場の大半を占めてきました。

また、その間も、二眼レフなどの中判カメラも品質を求める写真には使われてきました。





その後、AF化が起きて、市場は急激に暑くなったのもつかの間、デジタル時代が到来すると、あっという間に、カメラ業界は再編、縮小の流れに変わっていくのでした。

なんでなんでしょうか?

発展したのに、廃れるという産業は。

成長したなどとはいいますが、やはり、これは、仕方がないことです。

昔ながらの、野菜食品が健康食品としての価値しか売りにできなくなり、健康に良いということだけを宣伝材料にして売っていくようなもので、実際にはもう、ニーズがないものとなってしまったわけです。

カメラの場合は、ニーズがないというよりは、同じ機能を持ったものが安価に簡単になんにでも付いている、という感じでしょうか。

つまりは、デジタル化してIT化した時点でこのカメラ産業の終焉は予定通りのものだったのかもしれません。

デジタル化して、ネットで流すというこの流れが自然になって、人の欲求とも結びついているため、非常に強固なものです。

これにより、もはや、スマートフォンというものが1つあればよくなってしまったわけです。

フィルムのまま頑張っていれば、こんなことは無かったのですが、、フィルムには絵画に似た美術的な価値がありました。

それをディスプレイ産業に組み込んでしまったことで、もはや、付加価値のない画像をデジタル化するためのツールとなってしまったのです。





名機たち



これらの各ステージにおいて、名機と呼ばれるカメラが存在したものでした。

やはり、もう二度と新品が発売されないからこそ、名機と呼べるのでしょう。

手にはいらないものほど欲しくなるものです。

facebook ・フィルムカメラの名機たち   入門、人気、おすすめ、コンパクト、中判twitter ・フィルムカメラの名機たち   入門、人気、おすすめ、コンパクト、中判facebook ・フィルムカメラの名機たち   入門、人気、おすすめ、コンパクト、中判twitter ・フィルムカメラの名機たち   入門、人気、おすすめ、コンパクト、中判by icon ・フィルムカメラの名機たち   入門、人気、おすすめ、コンパクト、中判

おすすめのページ!



おすすめのページ

マクロレンズ おすすめ-リバースアダプタ

マクロレンズ おすすめは?と聞かれれば、それはマイクロニッコールだよ。といいますが、スマホでいいんじゃない?と思います。もしくは、コンデジ。 そういう普通のマクロが撮れればいいんだったら、断然、スマホ、コンデジ、です。 なぜなら、3cmとか簡単に寄れるものがあります。一体、高齢になったらスマホは必須なのにどうなるんでしょうね。国民全員にスマホを配布するのか?新聞やNHKでさえ、未だ、配布されていない現代ではあり得ません。

ハウスドゥ!競売対策にハウス・リースバック!

住宅ローンを組んでいる者としては競売って言葉は、身が凍える思いがする言葉ですね。こんなこと一生関わり合いたくないものだと思っている人が100%です。 誰もそんな目に会いたくないと思っているわけですが、実際、そうなった時、どうするの??? ということになります。

オールドレンズ おすすめ、名玉

一般的に有名な銘レンズと言われているレンズがあります。 それは、口コミ、感想などというよりは、値段、ステータスのようなもので、いいかどうかじゃなく、いいはずだという、高級レンズという意味合いの強いもので、高い値段をつけるので、決して悪くはなく、当時の最高技術を結集したものであるため、いいものだということが言えます。

さてオクは高く売れる?仕組み、急ぎの不動産売却に!

おそらく、今後、展開していくと思いますが、まずは、「東京」「神奈川」「埼玉」「千葉」が対象です。 「さてオクの」特徴は、

マウントアダプター、フランジバック

以下の一覧にあるレンズのフランジバックよりも短いフランジバックのカメラボディがあれば、補正レンズの無いマウントアダプターで近接から無限遠まで撮影出来る可能性があります。







おすすめの商品




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Leica 11667 Noctilux-M 50mm/f0.95 ASPH Normal レンズ, シルバー (海外取寄せ品)
価格:1988295円(税込、送料無料) (2016/11/26時点)







Iphoneアプリ おすすめデジカメ、レンズ、感想フィルムカメラ、自家現像水槽レイアウト公園、自転車 改造 クロスバイクトマト 育て方 種類 病気家庭菜園-育て方キュウリ 育て方 病気 節成 摘芯イチゴ 育て方 レシピ種まき時期、発芽適温、日数、育て方エビ飼育根、茎、葉、葉脈、断面ナス 育て方 レシピゴーヤー 育て方 種類 摘芯蕪 育て方 種類 レシピ水耕栽培