Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM


【Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM レンズの名玉度】

  *評価をお願いします。(Ratings of this Lens. Please Rate !!! )


Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM の新品・中古の価格(円)、販売状況 (Search listings)



楽天でPlanar 50 1.7を検索した結果。
 Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM
【中古】【C】中古 コンタックス Planar T*50/1・・・
価格:19800 円
 Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM
【あす楽】 【中古】 《難有品》 Rollei Planar・・・
価格:34800 円
 Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM
ツァイス/Zeiss CP.2 50mm f/2.1 Mak・・・
価格:931200 円
 Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM
【SUNNY SPORTS】サニースポーツCOTTON PL・・・
価格:12960 円
 Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM
ツァイス/Zeiss Planar T Makro ZE 5・・・
価格:247100 円
 Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM
ツァイス/Zeiss 50mm f/1.4 Planar T・・・
価格:141200 円
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示しているショッピングモールでの検索結果は、本ページのレンズだけではありません。ご注意ください。(Listings are containing other Lenses !!)


Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM のレンズフード、レンズキャップ、レンズフィルターの価格(円)、販売状況 (Search listings)



楽天でZeiss レンズフードを検索した結果。
 Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM
《新品》 Carl Zeiss(カールツァイス) Plana・・・
価格:65340 円
 Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM
《新品》 Carl Zeiss(カールツァイス) Biogo・・・
価格:85170 円
 Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM
《新品》 Carl Zeiss(カールツァイス) Biogo・・・
価格:85170 円
 Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM
《新品》 Carl Zeiss(カールツァイス) C Son・・・
価格:96500 円
 Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM
《新品》 Carl Zeiss(カールツァイス) Plana・・・
価格:65340 円
 Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM
Carl Zeiss レンズシェード 35mm/50mm『即・・・
価格:7282 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*ここに表示されているレンズフード、レンズキャップは装着できないものも含んでいます。(Listings are containing other Lenses Hoods and Caps !!)
対応したレンズフードでない場合、装着できても、通常撮影時、フラッシュ撮影時にフードの影が映り込むことがあります。 ご注意ください。
ネジ式、バネ式、その他の装着方式があります。ネジ式の場合には、レンズの直径とネジのピッチを確認する必要があります。
レンズキャップはバネ式の場合、レンズの直径が合えばある程度、汎用的に使うことが可能です。径が同じ他メーカーのキャップが使えることも有ります。




Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM のレンズ構成(群、枚)、最短撮影距離(m)、絞り値、重量(g)、マウント、コーティング (Spec of this lens)


Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MMの情報
  • 発売メーカー(Company):カール ツァイス(Carl Zeiss)
  • 発売日(Release Year in Japan):1979年(AE)、年(MM)
  • 発売時の定価(Price:JPY):円
  • 焦点距離(Focal Length):50mm
  • 絞り(Diaphragm):-
  • レンズ構成(Optics):6群7枚(groups,elements)(AE、MM)
  • 最短撮影距離(Close Focus):0.6m(AE、MM)
  • 重量(Weight):g
  • 対応マウント(Mount):CONTAX YASHICA Mount
  • 備考(Description):1.4の廉価版位置づけである、開放F値の暗めのF1.7の標準50mmレンズ。くらいと言っても、F1.8が一般的なのにF1.7という若干の明るさを得ているレンズです。最短距離がF1.4と比べると0.6mになっていて後発製品でありながら、F値だけでなく、レンズスペックがダウンしているというように見られがちですが、レンズ枚数が7枚使用されていて、F1.4とほとんど変わらないレンズ構成になっています。廉価版というよりは、特徴がはっきりと違っているもので、近接できないかわりに、ボケが柔らかく、ピント面もF1.4のプラナーほどシャープではありません。コントラストは同程度だと言える感じです。

    これは、明確に使い方が異なるレンズであるともいえ、背景などにボケを持たせたスナップ写真においてはF1.7の方が向いているといえ、被写体が細かい町並みや、近接した自然の植物、動物である場合にはF1.4のシャープさが選択されるべきなのかもしれません。値段はF1.7の方が安いですが、原価を考えると、新規設計+材料費ということでは、F1.4と変わることはないというレベルですので大変、お買い得レンズだと言われていました。しかし、中古価格ではその写りの良さが価格に反映されるもので、中にはF1.4レンズとさほど変わらない値段のものまであります。

    花などの小さい被写体のクローズアップ撮影には、近寄れないため向かないため、マクロリングを使うか、テレコンを使うか、F1.4レンズの近接能力にかけるしかありません。しかし、F1.4での背景の乱れが出てしまいがちな近接撮影ではあまり最適なものとも言えないかもしれません。また、テレコンは画質の低下がありあまり良いともいえません、マクロリングはピントが合う距離が固定されていますので、どうしても制限が大きくなってしまいます。写せる被写体の幅が決まってしまいます。

    そのようなことがあってか、専用のマクロレンズがプラナー銘で登場していて、S-Planar、Makro Planarというレンズがあります。そちらは伝説になったとも言える名レンズです。

    ヤシカが提携していた時に販売していた一眼レフカメラのコンタックスシリーズをCONTAXと全部大文字で表記します。 AE(Auto Exposure)、MM(Multi Mode)というのはレンズ銘板に表記されていませんが、機能追加されたレンズタイプで、初期がAEタイプ、CONTAX 159MMの登場以降のレンズがMMタイプになります。 AEはマニュアルモードと絞り優先モードが使えました。MMは、この2つに加えてさらに、プログラムモードとシャッター優先モードが使えました。 AEとMMを見分ける場合は、MMは最小絞り値の文字が緑になっていることで確認できます。また、マウント側のMM認識用のピン、絞り羽根の形状からも違いが分かります。
*記載ミス、調査ミスなどもあります。また、製造年により仕様が変更されていることもよくあります。ご購入の際には、現物をよくご確認ください!


[ Zeiss Planar 1,7/50 ] Groupの作例 - ポートレート、スナップ、風景写真 - Photo Gallery (http://www.flickr.comより)

他のレンズで撮影された写真の場合があります。(Works may be taken by other Lenses)

写真はhttp://www.flickr.com/に公開されている作品です。それぞれの写真はリンク先の作者にクリエイティブ・コモンズに基づいた権利を有します。
Some rights reserved by each author of the link on each photo.










 Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM







Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM のレビュー、評価、比較、作例、名玉?分解整備の情報など (Comments of this Lens)



  • 惜しい!現代版プラナーはなんで、こっちを残さなかったのだろうか?そんな気がします。ですが、やはり若干、シャープさが落ちる気がします。そうでなくては矛盾してしまいますから。ボケの美しさと。ただ、スナップ撮影などではシャープさが求められることよりもボケの方が大事で、人物を撮影することもありますので、こちらのほうが綺麗に写せていいと思います。F1.4に拘るのはプライドやステータスなどであり、こちらのF1.7をさほど変わらない値段で買うのはなかなかのジレンマがあります。


  • できるなら、こっちが欲しい。ですが、現実は安いなら買うが、普通にF1.4並に高い。だから買う気が起きない。そんな感じです。もし、寄れるレンズならば、高級品として売られていることでしょう。でも、シャープさに拘るなら、やはり甘いわけで、かといって、ボケの粗さを楽しめるわけでもなく、、ボケが荒れて楽しいのは、圧倒的にフィルム撮影です。


  • よく、お買い得レンズなどと言われますが、現代のレンズには無い写りをするので、これしかないっていうレンズであり、むしろ、名玉じゃないかと思います。圧倒的に価値があるものだと思います。安いなんて意味が分からない。構成も同じだけレンズつかっていて、品質基準も満たしているわけですから、なにが安いのか分かりません。スペックで値段を付けたことの縛りでしょうか?F1.4の後に発売されていることから、あのボケのゴリゴリ感、二重像勘弁して欲しい、っていうことを考慮してとにかく、使える柔らかいレンズへと改良をしたのでしょう。そのため、同じような構成で微妙にレンズの厚さが違うような構成になり、ボケの滑らかさを実現しています。こっちのほうがいいじゃないか?とさえ思うのですが、やはり、通はF1.4とF1.7二本を持って、使い分けをして、満足感をえるのが理想的です。ただ、デジタルじゃ飽きてしまいます。すぐに飽きるのがデジタル、いつまでも見ていたくなるのがアナログ、そんなことを考えながらたくさんのプラナーレンズに囲まれてみたいものです。


  • プラナーなんていくらでも今の国産メーカー銘のレンズの方が性能がいいものがある、なんて言われる事が多いですが、実際に、このレンズが発売された当時の国産銘のレンズと国産だったとしてもカール・ツァイスが作らせたレンズではどれほどの違いがあったかはフィルムで撮り比べれば、一目瞭然ですが、現代においても、全てのことで国内メーカーはスペック、表記上の肩書きだけをよく見せていて、実際にはどうなのか、あまり良くないものが多いものです。そういうことはあらゆるものに現れていて、全ての製品において同じことが言えます。たとえば、エアコンというもので1つ。冷房は優れていますが、暖房に関しては、エアコンは効率が良いことを売りにしていて、カタログスペック上の表記では何キロワット暖められます。等と書いてあって、石油ストーブのカタログと比べると、2,3倍の暖房能力があるように書いてあります。さらには、電気代もとても安く、灯油よりも安いそうです。それは、コンプレッサーというもので消費電力よりも多くの熱量を与えることができるからだそうで、INPUTより減るはずのものが、逆にINPUTよりも多くなる。つまりは、レンズを通すとそれだけ暗くなるのに、逆にレンズを通したほうが明るいという現象が起きるという、、というようなことでしょうか?それは大口径レンズにすれば光をたくさん集められるからできそうですが、エアコンがどうして、そんなに凄い暖房能力を発揮できるのかというのはまた別問題です。しかし、実際に使ってみると、、、、分かるのですが、寒すぎるほどに冷え込むことが普通になった冬期、むしろ冬のほうが長い地域が多いような気がする。住みやすい温暖な気候だったから、人が集まり住みまくっている地理的条件、平野部でさえ極寒の寒さを感じるような日が多くあったりします。こういう日にエアコンと石油ストーブ両方を使って比べてください。うだうだ言わずに。もう、エアコンは一番高い20万円もする20畳でも暖められるとかいう凄いものなのに、石油ストーブは数千円で買えるものです。これを比べると、カタログ上は3倍位エアコンのほうが暖房能力が高いとあるのですが、圧倒的にどう考えてもどう感じてみても石油ストーブのほうが温かいのです。嘘だろ???? 外気温が低いから暖房効率が悪いんだ。。とか、石油ストーブは換気や灯油の補充、購入、臭いがあるし、危険だから、、、エアコンの方がいい、などと、本題とは関係ない言い訳を述べてくる場合があります。もちろん、多くの空気を平たく、少し温めていくので、計算するとエアコンの方が暖房能力が高いといえるのでしょう。しかし、そんな空気を温めるそれも、中途半端に生ぬるい温度に。こんなものが37度もの体温がある人間にとって温かいといえるものなのでしょうか?エアコンから出てくる温風は50度だといいます。一方、石油ファンヒーターは70度だといいます。しかし、実際、風に手を当てると、エアコンなんてびったりと触っていても生ぬるい風が出てくるばかりで、石油はやけどするので触れません。これが20度の違いとは思えません。。。とにかく、一回実際に使ってみろってことです。そうじゃないとモノは分からないようにできているんです。特に国産メーカーの場合は、何も言わなくてもよく出来ているのは故障しない、安いということであり、使った満足感がいいとか、写りが一生のうちで記憶に残るような1枚となる写真が撮れるということを想定して作られていません。壊れず、文句を言われないように、無難に、安全に、、そういう基準で作られています。もちろん、そういうのが得意な製品分野もあり、むいているものも有りますが、プラナーなんて、、というのならば、その前に、使ってみて、使い比べてみてから、そういえばいいのにと思います。無論、最新のプラナーはどれだけの違いが見いだせるかは微妙ですが、この時代のレンズでフィルムで撮影すれば否応なしに感じられます。違いは無いと思うのであれば、よほど隠れた銘品か、実に真実が見えない、いい悪いの区別ができないほどになってしまっているのかもしれません。やっぱり思うのは、他の国内メーカーレンズは細かい所が写っていない、、カール・ツァイスはちゃんと写っている、、、もちろん、他の海外の老舗も同様にハイクオリティですが。





Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM の評判、感想、口コミ-Planar 50 1.7を含むツィートの検索結果 (Twitterより)




facebook Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MMtwitter Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MMfacebook Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MMtwitter Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MMby icon Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* AE、MM



このレンズは自分のカメラに装着できるのか?( Search Lens Mount Adapters )


・【異なるメーカーのオールドレンズを付ける方法】(ページヘ移動する)



他のレンズを探す( Search Lenses )


  • キーワードで検索する( Search by Keywords )





  • おすすめのページ!



    おすすめのページ

    マクロレンズ おすすめ-リバースアダプタ

    マクロレンズ おすすめは?と聞かれれば、それはマイクロニッコールだよ。といいますが、スマホでいいんじゃない?と思います。もしくは、コンデジ。 そういう普通のマクロが撮れればいいんだったら、断然、スマホ、コンデジ、です。 なぜなら、3cmとか簡単に寄れるものがあります。一体、高齢になったらスマホは必須なのにどうなるんでしょうね。国民全員にスマホを配布するのか?新聞やNHKでさえ、未だ、配布されていない現代ではあり得ません。

    ハウスドゥ!競売対策にハウス・リースバック!

    住宅ローンを組んでいる者としては競売って言葉は、身が凍える思いがする言葉ですね。こんなこと一生関わり合いたくないものだと思っている人が100%です。 誰もそんな目に会いたくないと思っているわけですが、実際、そうなった時、どうするの??? ということになります。

    オールドレンズ おすすめ、名玉

    一般的に有名な銘レンズと言われているレンズがあります。 それは、口コミ、感想などというよりは、値段、ステータスのようなもので、いいかどうかじゃなく、いいはずだという、高級レンズという意味合いの強いもので、高い値段をつけるので、決して悪くはなく、当時の最高技術を結集したものであるため、いいものだということが言えます。

    さてオクは高く売れる?仕組み、急ぎの不動産売却に!

    おそらく、今後、展開していくと思いますが、まずは、「東京」「神奈川」「埼玉」「千葉」が対象です。 「さてオクの」特徴は、

    マウントアダプター、フランジバック

    以下の一覧にあるレンズのフランジバックよりも短いフランジバックのカメラボディがあれば、補正レンズの無いマウントアダプターで近接から無限遠まで撮影出来る可能性があります。


    おすすめの商品

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    Leica 11667 Noctilux-M 50mm/f0.95 ASPH Normal レンズ, シルバー (海外取寄せ品)
    価格:1988295円(税込、送料無料) (2016/11/26時点)







    Iphoneアプリ おすすめデジカメ、レンズ、感想フィルムカメラ、自家現像水槽レイアウト公園、自転車 改造 クロスバイクトマト 育て方 種類 病気家庭菜園-育て方キュウリ 育て方 病気 節成 摘芯イチゴ 育て方 レシピ種まき時期、発芽適温、日数、育て方エビ飼育根、茎、葉、葉脈、断面ナス 育て方 レシピゴーヤー 育て方 種類 摘芯蕪 育て方 種類 レシピ水耕栽培