レンズ一覧(All Lenses)





Carl Zeiss Biotar 58mm F2、C.Z.Jena (Exakta)


【Carl Zeiss Biotar 58mm F2、C.Z.Jena (Exakta) レンズの名玉度】

  *評価をお願いします。(Ratings of this Lens. Please Rate !!! )


Carl Zeiss Biotar 58mm F2、C.Z.Jena (Exakta) の新品・中古の価格(円)、販売状況 (Search listings)



楽天でBiotar 58 2を検索した結果。
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示しているショッピングモールでの検索結果は、本ページのレンズだけではありません。ご注意ください。(Listings are containing other Lenses !!)


Carl Zeiss Biotar 58mm F2、C.Z.Jena (Exakta) のレンズフード、レンズキャップ、レンズフィルターの価格(円)、販売状況 (Search listings)



楽天でBiotar レンズフードを検索した結果。
Supported by 楽天ウェブサービス
*ここに表示されているレンズフード、レンズキャップは装着できないものも含んでいます。(Listings are containing other Lenses Hoods and Caps !!)
対応したレンズフードでない場合、装着できても、通常撮影時、フラッシュ撮影時にフードの影が映り込むことがあります。 ご注意ください。
ネジ式、バネ式、その他の装着方式があります。ネジ式の場合には、レンズの直径とネジのピッチを確認する必要があります。
レンズキャップはバネ式の場合、レンズの直径が合えばある程度、汎用的に使うことが可能です。径が同じ他メーカーのキャップが使えることも有ります。




Carl Zeiss Biotar 58mm F2、C.Z.Jena (Exakta) のレンズ構成(群、枚)、最短撮影距離(m)、絞り値、重量(g)、マウント、コーティング (Spec of this lens)


Carl Zeiss Biotar 58mm F2、C.Z.Jena (Exakta)の情報
  • 発売メーカー(Company):カールツァイス(Carl Zeiss)
  • 発売日(Release Year in Japan):1936年
  • 発売時の定価(Price:JPY):円
  • 焦点距離(Focal Length):mm
  • 絞り(Diaphragm):2-16
  • レンズ構成(Optics):4群6枚(groups,elements)
  • 最短撮影距離(Close Focus):0.5m
  • 重量(Weight):g
  • 対応マウント(Mount):Exakta Mount(エクサクタ マウント)
  • 備考(Description):銀色鏡筒のモデルで、C.Z.Jena Biotar表記のモデルあり。絞りの変更は絞り環を押し下げて回します。レンズ鏡筒部にレリーズボタンが付いていますが、確認できたモデルでは、絞りを決めてから、レンズ鏡筒部根元にあるレバーを動かすことで、絞り羽根が開放まで開き明るくなりピント合わせが楽になります。そして、レリーズボタンを押すと同時に羽根が連動して、設定した絞り値になるように絞り込みます。
    この時期の他のレンズにおいては、絞り値を設定しても羽根は動かずに、レンズ部のレリーズボタンを押すことで、設定した絞り値に合った明るさに羽根が閉じて撮影時にだけ絞り込むような仕組みになっているものも有ります。また、本レンズは、モデルにより最短撮影距離などが異なる可能性があります。
    ビオターは4群6枚のダブルガウス型のレンズ構成です。1927年にカール・ツァイスのヴィリー・ヴァルター・メルテがビオターレンズのF1.4の設計を実現させました。このExaktaマウントにおいて、世界で初めてのビオターが登場したそうです。ビオターは元祖ともいえるグルグルボケを発生するレンズです。実はそんなことはなく、2眼レフのトリプレットタイプのレンズなどにもよく発生する現象ですし、他のレンズでも特定の背景と被写体の距離において発生すると言われています。
    しかし、ビオターといえばこのグルグルボケが有名である、目立つということが有名にしたのではないかと思われます。ピント面はシャープに綺麗に解像度高く描写されています。その反面、グルグルボケが発生した時のピント面とグルグルにボケた背景とのギャップがインパクトの強い1品になっているからかもしれません。
    これが収差として嫌われていたのは近年までで、改善を重ねるレンズづくり行ってきましたが、現代においては、デジカメの綺麗な画質もいくところまで辿り着いた感じになり、逆に、ビオターレンズのような荒苦しく強烈なグルグルボケを楽しんであえて、発生させて使うことを考えている撮影者も居ます。背景にある程度の距離を置いて、開放絞りで点光源がたくさんあるようなところを撮影したり、だいたい、草木の葉などがある所で、被写体となるものを中心において撮影すれば、簡単です。この派手さを持つほどのボケを起こして、中心に人を配置するというポートレート撮影が人気のようです。花でもいいと思います。こうすると、ピントが合っている人物の顔は驚くほどシャープに写っているのに、背景は流れまくっていて、ある種、絵画的にデフォルメされてしまい、砂嵐の中に人が浮かび上がるという、なんともファンタスティックな写真を撮ることができます。
    レンズ構成図を見ると明らかなように、プラナーと似ている、同じような構成です。ただし、プラナーはボケを綺麗に綺麗に設計を改良されていきました。また、このビオターはプラナーの登場により、入れ替わったかのように見えますが、実は、元祖プラナーがあって、それを改良して設計して出来上がったのがビオターレンズであるそうです。そういう意味では、Exaktaマウントのこのビオターがカール・ツァイスの中心的で最も有名なプラナーレンズの従来式タイプに近いレンズの1つといえるのかもしれません。これを考えながら撮影していると、グルグルボケの背景が流れることなど、レンズのいいフレーバーにしか感じられなくなりそうです。

    Exaktaカメラについて
    ドイツのドレスデンのイハゲー社(Ihagee)が1936年に発売した135フィルム用の非常に多く普及したカメラ。1965年頃まで製品群が新規発売されていた。1964年にイハゲー社(Ihagee)の開発部門が旧東ドイツのペンタコン社(Pentacon)に吸収される形となりました。
    エクサクタ マウントは、自社の1950年発売のエクサ(Exa)シリーズや、 他社製カメラのトプコンRシリーズやマミヤのプリズマットシリーズにも採用されていました。

    カールツァイスレンズの銘板の社名表記について
    ドイツの東西分断中において、ブランド表記が商標の関係で制限されていたため、以下の様な決まりがあったようです。それ以外は統一されたブランド名が使用されています。
    ・西側のカール・ツァイスレンズ
    国内、西側諸国向け:Carl Zeiss
    東側諸国への輸出用:Zeiss Opton
    アフリカ、アジア、中南米地域への輸出用:Carl Zeiss
    イギリスと日本への輸出用:Zeiss
    戦前からの商標が使えない地域向け輸出:

    ・東側のカール・ツァイスレンズ
    国内、西側諸国向け:Carl Zeiss
    西側諸国への輸出用:Carl Zeiss Jena、C.Z.Jena
    アフリカ、アジア、中南米地域への輸出用:Carl Zeiss
    イギリスと日本への輸出用:Zeiss
    戦前からの商標が使えない地域への輸出用:aus JENA

    *また、戦前からの商標が使えない地域への輸出用には、テッサーをT、ビオターをB、プラナーをPl、ビオメターをBm、ゾナ−をS、ビオゴンをBi、フレクトゴンをFなどと表記していたようです。

*記載ミス、調査ミスなどもあります。また、製造年により仕様が変更されていることもよくあります。ご購入の際には、現物をよくご確認ください!


[ CZ Jena Biotar 58mm f/2 ] Groupの作例 - ポートレート、スナップ、風景写真 - Photo Gallery (http://www.flickr.comより)

他のレンズで撮影された写真の場合があります。(Works may be taken by other Lenses)

写真はhttp://www.flickr.com/に公開されている作品です。それぞれの写真はリンク先の作者にクリエイティブ・コモンズに基づいた権利を有します。
Some rights reserved by each author of the link on each photo.










 Carl Zeiss Biotar 58mm F2、C.Z.Jena (Exakta)







Carl Zeiss Biotar 58mm F2、C.Z.Jena (Exakta) のレビュー、評価、比較、作例、名玉?分解整備の情報など (Comments of this Lens)



  • ずっしりとした金属的な感じのレンズ、みるからにごつい、いい写りをしそうなレンズ玉をしています。質感がとてもいいです。写りはかなり使ってみて特性を見極めたいところです。


  • 類似モデルのロシアのHeliosレンズもグルグルボケが発生し、同じような効果が出ます。新しいレンズで流通しています。新しい分、若干、コーティングがいいのか、コントラストが高めの画像が得られます。ボケの粗さは若干異なるような気がしないでもないですが、これだけレアなレンズなので、新品同様の類似品があればそれはそれでありがたいことです。色々アーティスティックな作品づくりを楽しめそうです。









Carl Zeiss Biotar 58mm F2、C.Z.Jena (Exakta) の評判、感想、口コミ-Biotar 58 2を含むツィートの検索結果 (Twitterより)




facebook Carl Zeiss Biotar 58mm F2、C.Z.Jena (Exakta)twitter Carl Zeiss Biotar 58mm F2、C.Z.Jena (Exakta)facebook Carl Zeiss Biotar 58mm F2、C.Z.Jena (Exakta)twitter Carl Zeiss Biotar 58mm F2、C.Z.Jena (Exakta)by icon Carl Zeiss Biotar 58mm F2、C.Z.Jena (Exakta)



このレンズは自分のカメラに装着できるのか?( Search Lens Mount Adapters )


・【異なるメーカーのオールドレンズを付ける方法】(ページヘ移動する)



他のレンズを探す( Search Lenses )


  • キーワードで検索する( Search by Keywords )


  • リストから探す( Search by List )




  • おすすめのページ!



    おすすめのページ

    マクロレンズ おすすめ-リバースアダプタ

    マクロレンズ おすすめは?と聞かれれば、それはマイクロニッコールだよ。といいますが、スマホでいいんじゃない?と思います。もしくは、コンデジ。 そういう普通のマクロが撮れればいいんだったら、断然、スマホ、コンデジ、です。 なぜなら、3cmとか簡単に寄れるものがあります。一体、高齢になったらスマホは必須なのにどうなるんでしょうね。国民全員にスマホを配布するのか?新聞やNHKでさえ、未だ、配布されていない現代ではあり得ません。

    ハウスドゥ!競売対策にハウス・リースバック!

    住宅ローンを組んでいる者としては競売って言葉は、身が凍える思いがする言葉ですね。こんなこと一生関わり合いたくないものだと思っている人が100%です。 誰もそんな目に会いたくないと思っているわけですが、実際、そうなった時、どうするの??? ということになります。

    オールドレンズ おすすめ、名玉

    一般的に有名な銘レンズと言われているレンズがあります。 それは、口コミ、感想などというよりは、値段、ステータスのようなもので、いいかどうかじゃなく、いいはずだという、高級レンズという意味合いの強いもので、高い値段をつけるので、決して悪くはなく、当時の最高技術を結集したものであるため、いいものだということが言えます。

    さてオクは高く売れる?仕組み、急ぎの不動産売却に!

    おそらく、今後、展開していくと思いますが、まずは、「東京」「神奈川」「埼玉」「千葉」が対象です。 「さてオクの」特徴は、

    マウントアダプター、フランジバック

    以下の一覧にあるレンズのフランジバックよりも短いフランジバックのカメラボディがあれば、補正レンズの無いマウントアダプターで近接から無限遠まで撮影出来る可能性があります。


    おすすめの商品

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    Leica 11667 Noctilux-M 50mm/f0.95 ASPH Normal レンズ, シルバー (海外取寄せ品)
    価格:1988295円(税込、送料無料) (2016/11/26時点)







    Iphoneアプリ おすすめデジカメ、レンズ、感想フィルムカメラ、自家現像水槽レイアウト公園、自転車 改造 クロスバイクトマト 育て方 種類 病気家庭菜園-育て方キュウリ 育て方 病気 節成 摘芯イチゴ 育て方 レシピ種まき時期、発芽適温、日数、育て方エビ飼育根、茎、葉、葉脈、断面ナス 育て方 レシピゴーヤー 育て方 種類 摘芯蕪 育て方 種類 レシピ水耕栽培