Ernst Leitz Summicron 5cm f/2


【Ernst Leitz Summicron 5cm f/2 レンズの名玉度】

  *評価をお願いします。(Ratings of this Lens. Please Rate !!! )


Ernst Leitz Summicron 5cm f/2 の新品・中古の価格(円)、販売状況 (Search listings)



楽天でSummicron 5 2を検索した結果。
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示しているショッピングモールでの検索結果は、本ページのレンズだけではありません。ご注意ください。(Listings are containing other Lenses !!)


Ernst Leitz Summicron 5cm f/2 のレンズフード、レンズキャップ、レンズフィルターの価格(円)、販売状況 (Search listings)



楽天でSummicron レンズフードを検索した結果。
 Ernst Leitz Summicron 5cm f/2
Leica レンズ フード for Summicron-T ・・・
価格:15420 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*ここに表示されているレンズフード、レンズキャップは装着できないものも含んでいます。(Listings are containing other Lenses Hoods and Caps !!)
対応したレンズフードでない場合、装着できても、通常撮影時、フラッシュ撮影時にフードの影が映り込むことがあります。 ご注意ください。
ネジ式、バネ式、その他の装着方式があります。ネジ式の場合には、レンズの直径とネジのピッチを確認する必要があります。
レンズキャップはバネ式の場合、レンズの直径が合えばある程度、汎用的に使うことが可能です。径が同じ他メーカーのキャップが使えることも有ります。




Ernst Leitz Summicron 5cm f/2 のレンズ構成(群、枚)、最短撮影距離(m)、絞り値、重量(g)、マウント、コーティング (Spec of this lens)


Ernst Leitz Summicron 5cm f/2の情報
  • 発売メーカー(Company):ライカ(LEICA)
  • 発売日(Release Year in Japan):1953年
  • 発売時の定価(Price:JPY):円
  • 焦点距離(Focal Length):50mm
  • 絞り(Diaphragm):2-16
  • レンズ構成(Optics):6群7枚(groups,elements)
  • 最短撮影距離(Close Focus):1m
  • 重量(Weight):g
  • 対応マウント(Mount):LIECA L
  • 備考(Description):ライカレンズの中で、かなり有名な標準レンズとして、名を馳せたズミクロンです。ズミクロンといえば、国産メーカー各社が憧れて目標にしたのではないか、いや、消費者が勝手に高値の花に届かないがゆえに、和製ズミクロンという表現を名レンズにつけていたりしたようです。これはかなり有名で、RIKENONレンズなどは理研光学の力を活かしたのか大変良いレンズとして、和製ズミクロンなどと呼ばれています。今では、言わずともほとんど和製ですので、もはや、ライカレンズがどこ製かなどと勘ぐるだけ無駄です。そして、一番ライカが好きなのじゃないかというくらいに、ライカが売れる国でもあります。そのため、ライカ社の直営店ができるくらいですので、大したものです。
    そんな、ライカレンズの凄さを世に知らしめたズミクロンレンズは、前モデルのズミタールの後継レンズという位置づけです。F値も変わらず、基本的に最終的なSummitarはほぼ、Summicronであったというものもあるようです。それゆえか、ズミタールの評価は柔らかい描写というものと、シャープさがあって、色乗りがいいという2つあるような感もあります。
    ズミタールでもコーティングの有りなしのモデルがあり、この違いは大きいようです。特にカラー写真で使おうというのであれば、かなりの重要性が高いものであるのかもしれません。本ズミクロンレンズもコーティングがされているとは思われますが、一応、買う前に確認した方がいいかもしれません。
    今ではもう、希少性のあるフィルムですが、24mm×36mmというこの規格をカメラに使い始めたのは、映画フィルムを生産していたコダック社が自社のレチナというカメラに使い始めたことが、目立つところではありますが、それを普及させたカメラがライカであり、「ライカ判」という表現を作り出しました。 ライカだけでなく、他にカメラがあり、レチナを差し置いてまでライカ判と言わしめたくらい、ライカが普及した?というのはあの高価なライカが?と疑問にも思います。しかし、日本では高級すぎたというだけで、ライカも頑丈な実用品として開発されたわけで、実際は、業務用に軍用に使われたりして、相当数が出回ったベストセラーカメラだったのです。そのため、今だに非常に古い時代のライカが買えるわけです。1930年代のカメラが買えて使えるという、ある種、奇跡的なことを実現させているのも、それだけの数が売れて市場に出回ったということを表しています。
*記載ミス、調査ミスなどもあります。また、製造年により仕様が変更されていることもよくあります。ご購入の際には、現物をよくご確認ください!


[ Leica Summicron 50mm f2 collapsible ] Groupの作例 - ポートレート、スナップ、風景写真 - Photo Gallery (http://www.flickr.comより)

他のレンズで撮影された写真の場合があります。(Works may be taken by other Lenses)

写真はhttp://www.flickr.com/に公開されている作品です。それぞれの写真はリンク先の作者にクリエイティブ・コモンズに基づいた権利を有します。
Some rights reserved by each author of the link on each photo.










 Ernst Leitz Summicron 5cm f/2







Ernst Leitz Summicron 5cm f/2 のレビュー、評価、比較、作例、名玉?分解整備の情報など (Comments of this Lens)



  • ライカレンズは何が凄いのか?これは長い間、考えていました。だいたい、そんなに違うはずがないだろう。。。そう思っていたのです。また、仮に違ったとしても、何が理由でそんなに写りに差があるのか?少なくとも、この当時のレンズのフィルム写真で比較した場合は、やはり、ライカレンズの繊細な細かい所まで解像していることには何か理由があるのではないかと思いました。 だいたい、、同時代、それ以降のの国産の一眼レフのレンズを見ると、どう見ても大きくてたくさんガラスを使っていて、口径が大きいため、小さいライカよりも圧倒的に明るく設計しやすく楽なはずであり、一度、ライカの小さなレンズを見れば、小さな35mmフィルムに対してどうしてあんなに大きいレンズをと、疑問に思ってしまうような大きさのレンズを使っていて、これで、なんで、ライカのように細かいところまでうつらないんだろう?かと不思議でたまりませんでした。 だいたい、いくら、設計がまだ、未熟であったとしても、いくらなんでもあれだけ大きく作っているんだから、それほど悪いわけがない、むしろいいはずだって思うのですが、不思議と小さいライカのほうが細かい所まで写っているのです。値段で言えば、本当に捨て値で送料なみのこの当時の国産一眼レフレンズが多いですが、見た目は大きくて、贅沢な感じがします。それに引き換え、ライカのレンズは小さくて、なんだか、高い割に小さいなんて、損したなとさえ思ってしまいます。実は小さいことは設計を工夫するので高い価値があるのですが、それ以上に、なんで、こんなに写るんだ?ということを疑問に思います。 よく分かりませんが、結局、レンズを見ていると、ライカのレンズはコーティングが凄いと思います。この頃のレンズでコーティングができているものを見ると、ハーフミラーじゃないかって言うほど、金属の膜がガラスに蒸着しています。これは、本当に意外なことで、銘板の文字が中のガラスが鏡のようになって反射してレンズの中に見えるのです。こんなことは国産レンズでは見たことがありませんでした。こういう所が、写りの違いなのかは分かりません。しかし、たしかに、違う。これだけ分厚い、蒸着コーティングがあって、同じF値を実現しているって、一体、どうやっているんだ?とますます、不思議になります。小さい口径でありながら、大きな口径の透明なレンズと同じように明るいのです。一体なぜ? おそらく、薄いレンズで無駄なく光を取り込んでいる?フランジバックの短さ?専門的な事はよく分かりませんが、とにかく、コーティングは各社工夫のするところです。この時代から、コーティングにレンズの性能を左右することを見出していたことが驚きですが、そういうところが写りの細かさに現れているのかもしれないと思いました。


  • バルナックライカを使うなら、持っておきたい1本です。カラー写真を撮るならこれくらいからのレンズがいいかもしれません。あまりに古いと少しぼやけすぎてしまう感じがしなくもありません。状態も、手に入りやすさもいいです。 また、新しいといいとはいっても、やはり、バルナックには沈胴レンズがいい。ということもあり、かなり沈胴レンズが似合います。 格好のためだけにElmarレンズを付けていても、感動できる写真を実用的に撮りやすいのはやはり、ズミクロンの方かもしれません。もちろん、エルマーの淡い雰囲気で狙って撮れた時はいいですが、中々、できることではありません。というか、エルマーをいいと言えるのには相当な年季がいります。見えないものが見えるくらいの勢いも必要です。それよりはわかりやすい、沈胴ズミクロンで揃えたほうが、一般的には簡単でいいです。しかし、ドイツはこれがニコンやコニカやミノルタ、、、という身近さだったんですね。なんだか信じられませんが、普通にちょっと贅沢なモノで済んだのかもしれません。それが技術の差だったのか、と考えるとたしかに凄いと思います。昔のライカは大衆カメラ、今のライカは高級カメラということでしょうか。たしかに、もしかしたら、今のほうがレアなものかもしれません。









Ernst Leitz Summicron 5cm f/2 の評判、感想、口コミ-Summicron 5 2を含むツィートの検索結果 (Twitterより)


  •  Ernst Leitz Summicron 5cm f/2
    tohru_nishimura NISHIMURA Tohru
    とは言うものの、Summicron 50/2やJupiter 3 50/1.5などなどウチにあるのでFE 50/1.8を買い足す意義は殆どない。


facebook Ernst Leitz Summicron 5cm f/2twitter Ernst Leitz Summicron 5cm f/2facebook Ernst Leitz Summicron 5cm f/2twitter Ernst Leitz Summicron 5cm f/2by icon Ernst Leitz Summicron 5cm f/2



このレンズは自分のカメラに装着できるのか?( Search Lens Mount Adapters )


・【異なるメーカーのオールドレンズを付ける方法】(ページヘ移動する)



他のレンズを探す( Search Lenses )


  • キーワードで検索する( Search by Keywords )





  • おすすめのページ!



    おすすめのページ

    マクロレンズ おすすめ-リバースアダプタ

    マクロレンズ おすすめは?と聞かれれば、それはマイクロニッコールだよ。といいますが、スマホでいいんじゃない?と思います。もしくは、コンデジ。 そういう普通のマクロが撮れればいいんだったら、断然、スマホ、コンデジ、です。 なぜなら、3cmとか簡単に寄れるものがあります。一体、高齢になったらスマホは必須なのにどうなるんでしょうね。国民全員にスマホを配布するのか?新聞やNHKでさえ、未だ、配布されていない現代ではあり得ません。

    ハウスドゥ!競売対策にハウス・リースバック!

    住宅ローンを組んでいる者としては競売って言葉は、身が凍える思いがする言葉ですね。こんなこと一生関わり合いたくないものだと思っている人が100%です。 誰もそんな目に会いたくないと思っているわけですが、実際、そうなった時、どうするの??? ということになります。

    オールドレンズ おすすめ、名玉

    一般的に有名な銘レンズと言われているレンズがあります。 それは、口コミ、感想などというよりは、値段、ステータスのようなもので、いいかどうかじゃなく、いいはずだという、高級レンズという意味合いの強いもので、高い値段をつけるので、決して悪くはなく、当時の最高技術を結集したものであるため、いいものだということが言えます。

    さてオクは高く売れる?仕組み、急ぎの不動産売却に!

    おそらく、今後、展開していくと思いますが、まずは、「東京」「神奈川」「埼玉」「千葉」が対象です。 「さてオクの」特徴は、

    マウントアダプター、フランジバック

    以下の一覧にあるレンズのフランジバックよりも短いフランジバックのカメラボディがあれば、補正レンズの無いマウントアダプターで近接から無限遠まで撮影出来る可能性があります。


    おすすめの商品

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    Leica 11667 Noctilux-M 50mm/f0.95 ASPH Normal レンズ, シルバー (海外取寄せ品)
    価格:1988295円(税込、送料無料) (2016/11/26時点)







    Iphoneアプリ おすすめデジカメ、レンズ、感想フィルムカメラ、自家現像水槽レイアウト公園、自転車 改造 クロスバイクトマト 育て方 種類 病気家庭菜園-育て方キュウリ 育て方 病気 節成 摘芯イチゴ 育て方 レシピ種まき時期、発芽適温、日数、育て方エビ飼育根、茎、葉、葉脈、断面ナス 育て方 レシピゴーヤー 育て方 種類 摘芯蕪 育て方 種類 レシピ水耕栽培