Ernst Leitz Wetzlar Summitar 5cm f/2


【Ernst Leitz Wetzlar Summitar 5cm f/2 レンズの名玉度】

  *評価をお願いします。(Ratings of this Lens. Please Rate !!! )


Ernst Leitz Wetzlar Summitar 5cm f/2 の新品・中古の価格(円)、販売状況 (Search listings)



楽天でSummitar 50 2を検索した結果。
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示しているショッピングモールでの検索結果は、本ページのレンズだけではありません。ご注意ください。(Listings are containing other Lenses !!)


Ernst Leitz Wetzlar Summitar 5cm f/2 のレンズフード、レンズキャップ、レンズフィルターの価格(円)、販売状況 (Search listings)



楽天でSummitar レンズフードを検索した結果。
Supported by 楽天ウェブサービス
*ここに表示されているレンズフード、レンズキャップは装着できないものも含んでいます。(Listings are containing other Lenses Hoods and Caps !!)
対応したレンズフードでない場合、装着できても、通常撮影時、フラッシュ撮影時にフードの影が映り込むことがあります。 ご注意ください。
ネジ式、バネ式、その他の装着方式があります。ネジ式の場合には、レンズの直径とネジのピッチを確認する必要があります。
レンズキャップはバネ式の場合、レンズの直径が合えばある程度、汎用的に使うことが可能です。径が同じ他メーカーのキャップが使えることも有ります。




Ernst Leitz Wetzlar Summitar 5cm f/2 のレンズ構成(群、枚)、最短撮影距離(m)、絞り値、重量(g)、マウント、コーティング (Spec of this lens)


Ernst Leitz Wetzlar Summitar 5cm f/2の情報
  • 発売メーカー(Company):ライカ(LEICA)
  • 発売日(Release Year in Japan):1939年
  • 発売時の定価(Price:JPY):円
  • 焦点距離(Focal Length):50mm
  • 絞り(Diaphragm):2-12.5/16
  • レンズ構成(Optics):3群6枚、4群7枚(groups,elements)
  • 最短撮影距離(Close Focus):1m
  • 重量(Weight):g
  • 対応マウント(Mount):LIECA L
  • 備考(Description):マックス・ベレークにより、Summar 5cm F2を改良して設計された沈胴式のレンズです。カラー画像に対応するためのコーティングが施されたものがあったようです。球面収差が多めに残っているといいます。この時代のレンジファインダー機用レンズにおいて、7枚のレンズを使うということは珍しいことでした。他のレンズでは、多くても6枚でした。そういう点で画期的なレンズですが、その後、この名前は消え、後世まで残っていくということは無かったようで、この当時のものしか見かけません。 エルマー、ズマ-と開発されて、次に登場したと思われる、標準的なレンズです。たしかに、古めかしい写りをする感が否めない、エルマー、ズマ-ですが、このズミターの写りでは近年のシャープなイメージのライカレンズという雰囲気を出し始めているといった所があります。
    しかし、この革新的な変化を感じられる写りをするレンズは、ライカにとって名玉となったはずだと思うのですが、その後、このズミターの名前が登場することが無かったのには何らかの理由があったのかもしれません。ライカレンズは、基本的にレンズの明るさごとに名前を付けているようで、レンズ構成の違いなどにより命名しているレンズ群とは異なるようです。もとから、こういう名前を付ける風潮は世界の2強くらいしかありませんが、一体、この7枚構成となったズミターのレンズ設計はどこへいってしまったのか???
    どうやら、、次のズミクロンに受け継がれたようです。つまり、初期型から改良され、ほぼ、ズミクロンの状態になって、それが次の世代のレンズであるズミクロンとして発売されて、その後、また改良されていったということのようです。レンズも淘汰されて、選抜されて、いくのか、名前を変える必要があったのか、色々と謎は深まるばかりです。 それが、ズミター(ズミタール)が1代で消えてしまった理由のようです。つまりは、写りの劇的な変化は、同じズミターでもレンズ構成の変化した時期により異なるのかもしれません。また、その次の後継レンズと言われる、ズミクロン5cmF2の発売が1953年だったので、かなり長い間販売されていたロングセラーであるようです。そのためか、古いレンズですが、市場で多く見ることがあるのかもしれません。
*記載ミス、調査ミスなどもあります。また、製造年により仕様が変更されていることもよくあります。ご購入の際には、現物をよくご確認ください!


[ Summitar 50mm f2.0 ] Groupの作例 - ポートレート、スナップ、風景写真 - Photo Gallery (http://www.flickr.comより)

他のレンズで撮影された写真の場合があります。(Works may be taken by other Lenses)

写真はhttp://www.flickr.com/に公開されている作品です。それぞれの写真はリンク先の作者にクリエイティブ・コモンズに基づいた権利を有します。
Some rights reserved by each author of the link on each photo.










 Ernst Leitz Wetzlar Summitar 5cm f/2







Ernst Leitz Wetzlar Summitar 5cm f/2 のレビュー、評価、比較、作例、名玉?分解整備の情報など (Comments of this Lens)



  • 柔らかい描写が魅力のレンズですが、その柔らかさの中にもシャープでヌケが良く、とてもコントラスト良く写ります。驚くのは解像度の高さです。フィルムでもその細かさがよく分かるくらいです。デジカメに装着すると、もう、ピント面と背景の差が明確で浮き出て見えるようです。ボケは綺麗とはいえず、グルグルボケがでることもありますが、絞ってもよく背景ボケが出るので被写界深度が浅いのかもしれません。


  • コーティング有りのものでしたが、若干絞ってF4くらいにして景色を撮影しました。ビルなど細かい線がたくさんあるような感じの風景です。これを現像すると、驚きです。細かい線が明らかに多く解像していました。こんな古いレンズでキズもあったり、コーティングも剥がれていたり、ボロボロのように見えても、本当によく写っています。凄いの一言です。小さい、小型というのが素晴らしいですが、ずしりと重い感じがします。小さいながらも鏡胴が金属、ガラスも重い、そして、全体的に小さいため、とても重たくて高密度な物質という感じで出来ています。それでいて、しっかりと、ガタ無くマウントにハマるわけですので、Lマウントのスクリューネジは凄いなと思ったりもします。


  • 中古品が、多分、早いうちに姿を消すであろうレンズではないかと思ったりします。一代限りのズミタールで、他にないので、クラシカルライカなのでしょうか、なんとなく、昔のライからしライカのレンズというのはどれが該当するのか分かりませんが、みなこだわりを持っているようです。ズマリットにこだわりをもつ人々はズミルックスなどは少し違うという感じで見ているようで、ズマリットがいい。というようです。しかし、たしかに、その後も、名称が変わってしまっただけかもしれませんが、ズマリットはその当時発売されたものだけであるとしたら、もう、中古品が減る一方です。そういう面で、一代限りのレンズは本当にレアになっていくのではないでしょうか。また、そういうレンズがあのレンズこそライカだ、といってもてはやされると、さらに手に入れるのが困難になってきます。現代にも名が通るようなレンズより、昔のレンズだけにしかない名前のレンズのほうが持っていて愛着が湧くような気がします。それにしても、このズミタールもいいものがあまりなくなりつつあり、だいぶ、傷んでいるものが多くなっているような気がします。価格はそれほどでもないのでいいですが、本当に、使わないと意味が無いとは言っても、壊してしまったら、世界からレンズがまた一個消滅するわけですので、大事にしたいです。なんとなく、身近にあるレンズはほんと、雑に扱ってしまうのですが、特に、プラスチックになったばかりにズームレンズなどというのは写りも悪いし、ちゃっちいし、といって、ほんとうに放り投げてしまいそうになります。ただ、そういうのはともかく、ちゃんと大事に代々引き継ぎたいレンズというのはやはり、金属製のレンズだと思います。


  • ジャンク品かと思うほどのレンズ状況で買いました。しかし、それでも高額なレンズと言える値段で、国産ならば一番いい単焦点レンズが買えるくらいの値段がしました。レンズのコーティングが真ん中が大きくはがれ、バルサム切れが大きく周辺部ですが広がり、さらには、曇りが発生し引っ掻いて落とそうとしたあとがおもいっきりついていました。これはもはや、終わったなというレベルのレンズでした。しかし、実際に、粒状性の高いフィルムを使ってカラーネガ撮影をしてみると、とんでもない、、、くさってもライカ、いや、腐るどころか、あまりの高精細な写りに驚きのあまり、こんな状態のレンズでこれだけの写真が撮れるの??という恐ろしさに震える結果となりました。ヤシコンのディスタゴンとくらべてみても、ズミタールの方がだいぶ、高精細な写りをしました。なにせ、細かい所まで写っている、おかしい、、国産レンズの写真はネガを見ただけでそれ以上、もう取り込む気も起きませんでしたが、ここまでも、このズミタールの時代のライカレンズが完成しているとは思いませんでした。カラーフィルム対応のコーティングありモデルなので、ズミクロンに近い感じのものだからなのかもしれません。しかし、それよりもはるかに新しいディスタゴンよりもシャープって、どんだけ凄いのだろうという感じで、ぱっとみ、デジカメで撮った写真に見えるような写真がネガフィルムでも撮れてしまいました。これだけ焼き付ける能力が高いから35mmフィルムでも十分に実用に耐えるという世間の常識を覆したライカだけのことはあります。ローライ35の高精細さも凄いですが、こちらのライカの感じは古くて、ボケなども豪快に荒れるような感じで、全く時代が違いますが、越えたか、同等という高精細さです。しかし、デジカメの普及により、シャープは光受光部で受けたデータをシャープネス化していくらでも細かくみせることができます。たとえ、解像能力の低いぼやっとしたレンズで撮影してもそれなりにシャープネスがかかったり、デジタル素子という仕組みのため、ユーザーがいじれないところでも自動的にシャープネスがかかっていると考えられ、だいぶ、精細な画像を簡単に安いレンズでえることができます。しかし、シャープネス処理が付いていないフィルムはレンズの能力がないと、だめです。そのため、レンズの性能がイマイチな場合には大きな中判フィルムなどで撮影すれば問題はなくなるのですが、35mmフィルムで高精細というのは、ほんとうに大変なことなのだとおもいます。多数のメーカーが研究して追いつこうとしましたが、当時は全く歯が立たなかったようです。昔の雑誌でも、ライカVSコンタックスという記事があり、まだ、そこではエルマ-5cmを絶賛し、ズマール5cmが最高にいいレンズで万能型だと評価している時代です。もちろん、当時は家が買えるほど高いのですが、その頃から、とにかく、解像度が高く、引き伸ばしても本当に細かい所まで写っている、ルーペで見ると震えが来る、、、全く、今、時代の違う、他にデジカメなどがある現代の自分が見ても同じ感想を言うという感じのものでした。昔の雑誌に書いてあったことは、たしかに事実であり、普遍的に人が感じるものであると言えるのかもしれません。それが、キズ、曇りなどがあり、ボロボロになったとしてもライカのズミタールレンズであれば、感じることができる良さのようです。このとてつもなく偉大な発明を現代に体験できるということが、わずか、札が数枚でこと足りるということがいかにどれほど凄いことなのかと身にしみて感じました。そんなくらいに感動した次第です。ほんとうに、それは、画質はデジタルが有利で、フィルムだって中判の方が圧倒的に楽勝なのですが、手軽さを考えると中判よりも35mmフィルムがいい、という、すでにデジタルに見切りを付けている者が言うことでもないですが、なにか、35mmフィルムで撮影するというスタイルが心地よいようで、みなその虜になっているようです。趣味で楽しくフィルムカメラを楽しむ際に、決して35mmよりも、120フィルムカメラがもてはやされてどんどんと使われていくということはなく、中判はたまに、という感じで、日常の中の小さな出来事をフィルムという見た目そのままのデジタルとは違う形で、印象だけを残したような写真を撮るというスタイルでは圧倒的に35mmです。そう考えると、このコーティングありのズミタールはかなり、お買い得な1本だと言えそうです。カラー用コーティングではないものがどれほどのものかは分かりませんが、絞りが円形でなく、六形ですが、全く驚くばかりの解像度です。ただし、フィルムの世界での話です。デジタルに見慣れたかたは、国産フィルムカメラで撮影したものと見比べて、その凄さを体験してみるといいかもしれません。フィルムはFuji100のように粒状性の高いもので試すことです。コダックのULTRAMAX400で撮影すると、加減像ぎみにしてしまったということもありますが、画素が荒れてしまい、ライカの良さどころではありませんでした。また、沈胴式のレンズは沈まない、動かなく固まっていると思っても、使っているうちに動くことがありますので、ちゃんと正しく伸びている位置になっているか確認が必要です。ピントが合わないなと思ったらそのズレの可能性もあります。





Ernst Leitz Wetzlar Summitar 5cm f/2 の評判、感想、口コミ-Summitar 50 2を含むツィートの検索結果 (Twitterより)




facebook Ernst Leitz Wetzlar Summitar 5cm f/2twitter Ernst Leitz Wetzlar Summitar 5cm f/2facebook Ernst Leitz Wetzlar Summitar 5cm f/2twitter Ernst Leitz Wetzlar Summitar 5cm f/2by icon Ernst Leitz Wetzlar Summitar 5cm f/2



このレンズは自分のカメラに装着できるのか?( Search Lens Mount Adapters )


・【異なるメーカーのオールドレンズを付ける方法】(ページヘ移動する)



他のレンズを探す( Search Lenses )


  • キーワードで検索する( Search by Keywords )





  • おすすめのページ!



    おすすめのページ

    マクロレンズ おすすめ-リバースアダプタ

    マクロレンズ おすすめは?と聞かれれば、それはマイクロニッコールだよ。といいますが、スマホでいいんじゃない?と思います。もしくは、コンデジ。 そういう普通のマクロが撮れればいいんだったら、断然、スマホ、コンデジ、です。 なぜなら、3cmとか簡単に寄れるものがあります。一体、高齢になったらスマホは必須なのにどうなるんでしょうね。国民全員にスマホを配布するのか?新聞やNHKでさえ、未だ、配布されていない現代ではあり得ません。

    ハウスドゥ!競売対策にハウス・リースバック!

    住宅ローンを組んでいる者としては競売って言葉は、身が凍える思いがする言葉ですね。こんなこと一生関わり合いたくないものだと思っている人が100%です。 誰もそんな目に会いたくないと思っているわけですが、実際、そうなった時、どうするの??? ということになります。

    オールドレンズ おすすめ、名玉

    一般的に有名な銘レンズと言われているレンズがあります。 それは、口コミ、感想などというよりは、値段、ステータスのようなもので、いいかどうかじゃなく、いいはずだという、高級レンズという意味合いの強いもので、高い値段をつけるので、決して悪くはなく、当時の最高技術を結集したものであるため、いいものだということが言えます。

    さてオクは高く売れる?仕組み、急ぎの不動産売却に!

    おそらく、今後、展開していくと思いますが、まずは、「東京」「神奈川」「埼玉」「千葉」が対象です。 「さてオクの」特徴は、

    マウントアダプター、フランジバック

    以下の一覧にあるレンズのフランジバックよりも短いフランジバックのカメラボディがあれば、補正レンズの無いマウントアダプターで近接から無限遠まで撮影出来る可能性があります。


    おすすめの商品

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    Leica 11667 Noctilux-M 50mm/f0.95 ASPH Normal レンズ, シルバー (海外取寄せ品)
    価格:1988295円(税込、送料無料) (2016/11/26時点)







    Iphoneアプリ おすすめデジカメ、レンズ、感想フィルムカメラ、自家現像水槽レイアウト公園、自転車 改造 クロスバイクトマト 育て方 種類 病気家庭菜園-育て方キュウリ 育て方 病気 節成 摘芯イチゴ 育て方 レシピ種まき時期、発芽適温、日数、育て方エビ飼育根、茎、葉、葉脈、断面ナス 育て方 レシピゴーヤー 育て方 種類 摘芯蕪 育て方 種類 レシピ水耕栽培