LEITZ WETZLAR SUMMICRON 35㎜ f/2


【LEITZ WETZLAR SUMMICRON 35㎜ f/2 レンズの名玉度】

  *評価をお願いします。(Ratings of this Lens. Please Rate !!! )


LEITZ WETZLAR SUMMICRON 35㎜ f/2 の新品・中古の価格(円)、販売状況 (Search listings)



楽天でSUMMICRON 35mm 2を検索した結果。
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示しているショッピングモールでの検索結果は、本ページのレンズだけではありません。ご注意ください。(Listings are containing other Lenses !!)


LEITZ WETZLAR SUMMICRON 35㎜ f/2 のレンズフード、レンズキャップ、レンズフィルターの価格(円)、販売状況 (Search listings)



楽天でSUMMICRON レンズフードを検索した結果。
Supported by 楽天ウェブサービス
*ここに表示されているレンズフード、レンズキャップは装着できないものも含んでいます。(Listings are containing other Lenses Hoods and Caps !!)
対応したレンズフードでない場合、装着できても、通常撮影時、フラッシュ撮影時にフードの影が映り込むことがあります。 ご注意ください。
ネジ式、バネ式、その他の装着方式があります。ネジ式の場合には、レンズの直径とネジのピッチを確認する必要があります。
レンズキャップはバネ式の場合、レンズの直径が合えばある程度、汎用的に使うことが可能です。径が同じ他メーカーのキャップが使えることも有ります。




LEITZ WETZLAR SUMMICRON 35㎜ f/2 のレンズ構成(群、枚)、最短撮影距離(m)、絞り値、重量(g)、マウント、コーティング (Spec of this lens)


LEITZ WETZLAR SUMMICRON 35㎜ f/2の情報
  • 発売メーカー(Company):ライカ(LEICA)
  • 発売日(Release Year in Japan):1958年
  • 発売時の定価(Price:JPY):円
  • 焦点距離(Focal Length):35mm
  • 絞り(Diaphragm):2-16
  • レンズ構成(Optics):6群8枚(groups,elements)
  • 最短撮影距離(Close Focus):1m
  • 重量(Weight):g
  • 対応マウント(Mount):LIECA L
  • 備考(Description):開放絞りF値により名前が付けられています。レンズ構成とズミクロンという名前はほとんど関係ありませんので、有名な50mmズミクロンと同じ写りとは限りません。
*記載ミス、調査ミスなどもあります。また、製造年により仕様が変更されていることもよくあります。ご購入の際には、現物をよくご確認ください!


[ Leica (Screw Mount) Cameras ] Groupの作例 - ポートレート、スナップ、風景写真 - Photo Gallery (http://www.flickr.comより)

他のレンズで撮影された写真の場合があります。(Works may be taken by other Lenses)

写真はhttp://www.flickr.com/に公開されている作品です。それぞれの写真はリンク先の作者にクリエイティブ・コモンズに基づいた権利を有します。
Some rights reserved by each author of the link on each photo.










 LEITZ WETZLAR SUMMICRON 35㎜ f/2







LEITZ WETZLAR SUMMICRON 35㎜ f/2 のレビュー、評価、比較、作例、名玉?分解整備の情報など (Comments of this Lens)



  • やはり、いい写りです。しかし、フィルムが限りあるものとなり、もはや、普通のカラーネガフィルムさえ入手が困難になりつつあり、ストック分だけで取りまわしているような状況の人は心細く感じることでしょう。とかく、コダックと富士フィルムが最後まで残る大手ですが、ロモなどもある意味、残っていきそうなフィルムです。こういうものでどれが使えるかということを探しておいたほうがいいようです。いきなり、他社フィルムに変えると、レンズがおかしくなったのかと思うほど、写りが違ってしまいます。どことなくいい雰囲気が残っていたりもしますが、価値観を全てかえてしまうようなものも有ります。とくに、フィルムという物質を使うのでその素材が重要で、これが各社分厚さ、頑丈さ、写りに大きく違いが有ります。ペラペラしているフィルムはなんとなく、画像もすぐに荒れがちです。とくに高感度になるほどもとからそういう特性があるので、昼間の晴れの日に使うとかなり不向きであるが、室内などの暗い場所でいい色を出すものなどがあります。これらは全部覚えておいて損はしません。もう、買えるものはほとんどありませんので、簡単です。また、現像とセットになっていて、コダック、富士フィルムは現像液が買えますので現像液により、フィルムを選ぶ場合があります。自分でやる場合はもちろん、特に二社を使い分けるのは分量的に難しく、どちらかを選ぶことになります。 また、現像を店に出すときにも困るのがこれです。中には、両方に対応していなくて、別の場所へ現像を依頼するので時間が異常にかかる、割高などとあります。ただでさえ、高いフィルムなのにこれ以上はもう、勘弁かと思ってしまいます。そういうこともあり、少しでも安く現像まで含めて考えて用意しておく方がいいようです。30本などとまとめ買いすると安くなる通販などもありますので、そういうところで買いだめておきます。でもやはり、安いフィルムを使っても、5000円くらいをフィルム代にかけて、さらに、現像代もかかるとなると、デジタルで撮ったほうがいいんじゃないかと悩んでしまいます。多分、現像代が一番のネックです。そして、フィルムは実に富士フィルムが安くていいものがあります。業務用フィルムなどがいい品質でありながら一番安いのです。これがまた、フィルムが触って分かるくらいに他社よりも分厚く、発色がいいネガだったりします。これなら安心ということで、使っていますが、かなりいい写りをしてデジタルのようなクリア感を出すこともあります。 また、現像代が高いという場合は自分でやってしまうのも1つの手です。特に、長くフィルムをじっくり楽しむなら、自分でやるほうが楽しめます。カラーであっても躊躇すること無くやってみると楽しいものです。今では、レタッチソフトというものがあり、文字通り、現像したネガを補正できて、ちゃんとしたプリントのような完成形のJPEGを作ることができます。こういうことを考えて楽しむと、少ない枚数を撮るだけで十分に楽しめるわけです。大変?それも楽しみの1つです。面倒な時や、記録写真はデジタルで撮影してしまうということにして、楽しみたいときには、じっくりフィルムで撮影して現像して、、という感じでやるといいです。そこで、中途半端な性能のカメラだと、写りのイマイチなレンズだと、フィルムの場合はかなり大きな違いとなって出てきます。細かさが違う。とにかくひどく違いますので、ちゃんとしたフィルムレンズを使うほうが絶対にいいです。限られた時間の中でのフィルムを楽しむ機会です。となると、カール・ツァイスやライカのレンズを使うのはごく当然の選択となってくるような気がします。本当にフィルムは感性と創造力がものをいいます。頑張ってもデジタルに到底追いつかないであろう画質をデジタルに似せることに力を使うだけで終わってしまうのは勿体無いです。最初から、写りは最高のものを使って、これ以上ないという状態にしておきます。そこで、さらにこの感じはデジタルだとなかなか出せないな、、、とか、思ってもいない結果が出て楽しいものです。その違いは微妙で、下手をすれば何がいいんだかわからないことさえあります。とりあえず、普及品のデジタルの画質くらいは出せるようなフィルムカメラにしておかないと、まるで、その世界が見えません。。。











LEITZ WETZLAR SUMMICRON 35㎜ f/2 の評判、感想、口コミ-SUMMICRON 35mm 2を含むツィートの検索結果 (Twitterより)




facebook LEITZ WETZLAR SUMMICRON 35㎜ f/2twitter LEITZ WETZLAR SUMMICRON 35㎜ f/2facebook LEITZ WETZLAR SUMMICRON 35㎜ f/2twitter LEITZ WETZLAR SUMMICRON 35㎜ f/2by icon LEITZ WETZLAR SUMMICRON 35㎜ f/2



このレンズは自分のカメラに装着できるのか?( Search Lens Mount Adapters )


・【異なるメーカーのオールドレンズを付ける方法】(ページヘ移動する)



他のレンズを探す( Search Lenses )


  • キーワードで検索する( Search by Keywords )





  • おすすめのページ!



    おすすめのページ

    マクロレンズ おすすめ-リバースアダプタ

    マクロレンズ おすすめは?と聞かれれば、それはマイクロニッコールだよ。といいますが、スマホでいいんじゃない?と思います。もしくは、コンデジ。 そういう普通のマクロが撮れればいいんだったら、断然、スマホ、コンデジ、です。 なぜなら、3cmとか簡単に寄れるものがあります。一体、高齢になったらスマホは必須なのにどうなるんでしょうね。国民全員にスマホを配布するのか?新聞やNHKでさえ、未だ、配布されていない現代ではあり得ません。

    ハウスドゥ!競売対策にハウス・リースバック!

    住宅ローンを組んでいる者としては競売って言葉は、身が凍える思いがする言葉ですね。こんなこと一生関わり合いたくないものだと思っている人が100%です。 誰もそんな目に会いたくないと思っているわけですが、実際、そうなった時、どうするの??? ということになります。

    オールドレンズ おすすめ、名玉

    一般的に有名な銘レンズと言われているレンズがあります。 それは、口コミ、感想などというよりは、値段、ステータスのようなもので、いいかどうかじゃなく、いいはずだという、高級レンズという意味合いの強いもので、高い値段をつけるので、決して悪くはなく、当時の最高技術を結集したものであるため、いいものだということが言えます。

    さてオクは高く売れる?仕組み、急ぎの不動産売却に!

    おそらく、今後、展開していくと思いますが、まずは、「東京」「神奈川」「埼玉」「千葉」が対象です。 「さてオクの」特徴は、

    マウントアダプター、フランジバック

    以下の一覧にあるレンズのフランジバックよりも短いフランジバックのカメラボディがあれば、補正レンズの無いマウントアダプターで近接から無限遠まで撮影出来る可能性があります。


    おすすめの商品

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    Leica 11667 Noctilux-M 50mm/f0.95 ASPH Normal レンズ, シルバー (海外取寄せ品)
    価格:1988295円(税込、送料無料) (2016/11/26時点)







    Iphoneアプリ おすすめデジカメ、レンズ、感想フィルムカメラ、自家現像水槽レイアウト公園、自転車 改造 クロスバイクトマト 育て方 種類 病気家庭菜園-育て方キュウリ 育て方 病気 節成 摘芯イチゴ 育て方 レシピ種まき時期、発芽適温、日数、育て方エビ飼育根、茎、葉、葉脈、断面ナス 育て方 レシピゴーヤー 育て方 種類 摘芯蕪 育て方 種類 レシピ水耕栽培