レンズ一覧(All Lenses)





Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5


【Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5 レンズの名玉度】

  *評価をお願いします。(Ratings of this Lens. Please Rate !!! )


Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5 の新品・中古の価格(円)、販売状況 (Search listings)



楽天でSummarit 50 1.5を検索した結果。
 Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5
ライカ/Leica 11644 50mm f/2.5 SUM・・・
価格:333900 円
 Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5
ライカ/Leica 11645 75mm f/2.5 SUM・・・
価格:372000 円
 Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5
ライカ/Leica 11645 75mm f/2.5 SUM・・・
価格:10700 円
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示しているショッピングモールでの検索結果は、本ページのレンズだけではありません。ご注意ください。(Listings are containing other Lenses !!)


Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5 のレンズフード、レンズキャップ、レンズフィルターの価格(円)、販売状況 (Search listings)



楽天でSummarit レンズフードを検索した結果。
Supported by 楽天ウェブサービス
*ここに表示されているレンズフード、レンズキャップは装着できないものも含んでいます。(Listings are containing other Lenses Hoods and Caps !!)
対応したレンズフードでない場合、装着できても、通常撮影時、フラッシュ撮影時にフードの影が映り込むことがあります。 ご注意ください。
ネジ式、バネ式、その他の装着方式があります。ネジ式の場合には、レンズの直径とネジのピッチを確認する必要があります。
レンズキャップはバネ式の場合、レンズの直径が合えばある程度、汎用的に使うことが可能です。径が同じ他メーカーのキャップが使えることも有ります。




Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5 のレンズ構成(群、枚)、最短撮影距離(m)、絞り値、重量(g)、マウント、コーティング (Spec of this lens)


Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5の情報
  • 発売メーカー(Company):ライカ(LEICA)
  • 発売日(Release Year in Japan):1954年
  • 発売時の定価(Price:JPY):円
  • 焦点距離(Focal Length):50mm
  • 絞り(Diaphragm):1.5-16
  • レンズ構成(Optics):5群7枚(groups,elements)
  • 最短撮影距離(Close Focus):3.5feet
  • 重量(Weight):g
  • 対応マウント(Mount):LIECA M
  • 備考(Description):ズミクロン同様にダブルガウス型の改良型というレンズです。50mmで1.5を実現していますが、カール・ツァイスのゾナー型の50mmF1.5というレンズが有名です。同じスペックでもゾナーは採用しなかった、ライツ社としてはゾナーでは考えなかったのかもしれません。カール・ツァイスもゾナーレンズはContaxカメラ向きに製造していましたので、ライカとしては、ゾナー型の50mmレンズはほぼ無かったといえるようです。
    もしかしたら、いつの時代かにカール・ツァイスからゾナーレンズが供給されていたかもしれませんが、この当時から、コシナ社による、C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM という、Mマウントようのレンズが、2006年についに発売されて、念願の、、ゾナーレンズがライカでも使える、、という感じの発表のような気がしてなりませんので、本当に無かったのかもしれません。なんで、ライツ社がゾナーレンズを採用しなかったのか?という理由は分かりませんが、もしかしたら、ゾナーの開放時からの柔らかい描写がライカの細部まで鮮明なカリカリ画像を出すという主義と合わなかったのかもしれません。分かりませんが。
    ただ、それは公にの話であり、実は、Lマウントの時代ですが、ライカにはないはずのカール・ツァイスのゾナーレンズのライカマウントレンズが実に頻繁に見かけることができました。それはソビエトKMZのJupiter-8です。これはLマウント対応でしたが、なぜ、カール・ツァイスかというと、カール・ツァイスの生産工場のあったイエナは東ドイツで、戦後、ソビエトにより、レンズ生産が同じ設備で行われました。つまり、作る人が違うだけのカール・ツァイスレンズです。そこで、ゾナーレンズもあり、本来はなかったLマウントを作りました。それをJupiter-8という名前で出しています。
    これはコピーというのですが、オリジナルゾナーと違うのか?いや、違うということが設計図を見て言われたりしていますが、非常に同じだと言える部類のものだと思います。特に、戦後、すぐの頃は同じはずでしょう。それがたしかにゾナーでいいんじゃないかと言えます。現にドイツ分断時代もカール・ツァイス・イェーナ銘でゾナーレンズを出していますし、なんら、ゾナーレンズを作れないはずがありません。また、このJupiter-8は1992年以降まで生産されていました。ほとんど、現代の技術が入ったオールドゾナーレンズです。良くも悪くも、ここの工場はほぼ昔のままの写りのままレンズを作り続けています。決して、現代になったからといって、性能が良くてシャープで収差がないカッチくっきりだけのレンズにはなっていません。それが技術力?伝統を守る?理由はさておき、とにかく、昔のものがいい状態のまま形を変えること無く、リバイバルされていたわけです。そのため、いいものが出回っているわけです。 この新しいレンズと比べるのは、コーティング技術において、差があるのは明白で、同じ年のものを比べるのがルールですが、どうしてもJupiter-8は新しいのです。 それは仕方ないとして、Summarit 50mm 1.5で撮影した写真を見た後に、Jupiter-8の写真を見ていると、ただ、このjupiter-8は50mm F2です。すると、まあ、確かに最近製造されたレンズであり、現代風な写りをしているなという感じのものが多くて、比較対象が違うなという感じもするのですが、コントラストは抜きにして、細部の細かい描写に注目してみると、あれ????という気がするものが有ります。Jupiter-8、すごい、細かいよ。。。というものがありました。これは細かさはやはり、レンズの素性の良さを表していて、柔らかいはずのゾナーでも、絞れば、なんだか、ライカを超えるくらいシャープになっているじゃないか???という気がしました。
    ライカレンズ対カール・ツァイスレンズとは興味深い課題の1つですが、同じ条件での対決は実現していないようです。しかし、ここで、仮にほぼカール・ツァイスのゾナーとライカの50mmレンズ群を比較することが出来るようになってきました。ということです。Mライカの場合は、堂々と、コシナが製造した、C Sonnar T* 50mm F1.5 ZMでSummarit 5cm f/1.5やSummiluxと比較してみてください。それで初めて、両者の対決が実現するわけです。しかし、どちらがいいという問題ではなく、どちらが好み?という問題であり、どちらがいいか?と言われても、それはライカファンはライカが好きなわけで、対決する必要はないのです。ただ単に、カール・ツァイスのゾナーだとどういう風に写るんだろう?っていう単純な好奇心を満たしくてるはずです。
*記載ミス、調査ミスなどもあります。また、製造年により仕様が変更されていることもよくあります。ご購入の際には、現物をよくご確認ください!


[ Leica Summarit ] Groupの作例 - ポートレート、スナップ、風景写真 - Photo Gallery (http://www.flickr.comより)

他のレンズで撮影された写真の場合があります。(Works may be taken by other Lenses)

写真はhttp://www.flickr.com/に公開されている作品です。それぞれの写真はリンク先の作者にクリエイティブ・コモンズに基づいた権利を有します。
Some rights reserved by each author of the link on each photo.










 Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5







Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5 のレビュー、評価、比較、作例、名玉?分解整備の情報など (Comments of this Lens)



  • 被写界深度の浅さと色乗りは最高です。文句のいいようがないくらいです。少し離れて撮るライカ撮影においてはかなり離れても、ピント面が薄いと多彩な描写表現が可能となりますが、このレンズはF1.5だけあって、Summiluxに負けじと、盛大に背景がぼやけてくれます。これが結構離れた被写体にも有効なのでだいぶピント面が浅いのだと言えます。あまり寄らなくてもいいわけです。これなら、高いSummiluxを買わずにこれで代用しようかなと思います。他に何を求めようかと、考え、その分、もっと広角なレンズを狙うことを考えられそうです。50mmとして、十分な1本です。また、照りというのか、コントラストが高く色乗りがいいです。この辺りは撮り方を工夫してそういう被写体を選ぶといいかもしれません。











Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5 の評判、感想、口コミ-Summarit 50 1.5を含むツィートの検索結果 (Twitterより)


  •  Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5
    tohru_nishimura NISHIMURA Tohru
    Summarit 50/1.5のLマウント版とMマウント版を持っている。購入後数年経って比較してみた。カメラはα7。暗い部屋でTV画面を撮った。L版は1.5で僅かに滲み2.8で殆ど消えたがM版では2でも滲みが強く4で漸く消えた。通常使用にはL版の方が良いかな。
  •  Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5
    tohru_nishimura NISHIMURA Tohru
    明日はX-E1とCanon 35/1.8、明後日はα7とSummarit 50/1.5にしようかな。
  •  Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5
    tohru_nishimura NISHIMURA Tohru
    またSummarit 50/1.5で撮ろう、っと。
  • z cxqxy8 normal Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5
    urbansoul_00 urban@9月オールドレンズ×ポトレ展
    第6回はLeica Summarit 50/1.5 ぐるボケ、虹ゴースト、コマ収差とオールド要素が多い ボケ玉と揶揄されますが、4枚目の様にF1.5でも高解像 開放では全体が収差のベールに包まれ、空気感のある絵になります 淡いポー… t.co/X4SWZL1j3P


facebook Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5twitter Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5facebook Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5twitter Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5by icon Ernst Leitz GmbH Wetzlar Summarit 5cm f/1.5



このレンズは自分のカメラに装着できるのか?( Search Lens Mount Adapters )


・【異なるメーカーのオールドレンズを付ける方法】(ページヘ移動する)



他のレンズを探す( Search Lenses )


  • キーワードで検索する( Search by Keywords )


  • リストから探す( Search by List )




  • おすすめのページ!



    おすすめのページ

    マクロレンズ おすすめ-リバースアダプタ

    マクロレンズ おすすめは?と聞かれれば、それはマイクロニッコールだよ。といいますが、スマホでいいんじゃない?と思います。もしくは、コンデジ。 そういう普通のマクロが撮れればいいんだったら、断然、スマホ、コンデジ、です。 なぜなら、3cmとか簡単に寄れるものがあります。一体、高齢になったらスマホは必須なのにどうなるんでしょうね。国民全員にスマホを配布するのか?新聞やNHKでさえ、未だ、配布されていない現代ではあり得ません。

    ハウスドゥ!競売対策にハウス・リースバック!

    住宅ローンを組んでいる者としては競売って言葉は、身が凍える思いがする言葉ですね。こんなこと一生関わり合いたくないものだと思っている人が100%です。 誰もそんな目に会いたくないと思っているわけですが、実際、そうなった時、どうするの??? ということになります。

    オールドレンズ おすすめ、名玉

    一般的に有名な銘レンズと言われているレンズがあります。 それは、口コミ、感想などというよりは、値段、ステータスのようなもので、いいかどうかじゃなく、いいはずだという、高級レンズという意味合いの強いもので、高い値段をつけるので、決して悪くはなく、当時の最高技術を結集したものであるため、いいものだということが言えます。

    さてオクは高く売れる?仕組み、急ぎの不動産売却に!

    おそらく、今後、展開していくと思いますが、まずは、「東京」「神奈川」「埼玉」「千葉」が対象です。 「さてオクの」特徴は、

    マウントアダプター、フランジバック

    以下の一覧にあるレンズのフランジバックよりも短いフランジバックのカメラボディがあれば、補正レンズの無いマウントアダプターで近接から無限遠まで撮影出来る可能性があります。


    おすすめの商品

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    Leica 11667 Noctilux-M 50mm/f0.95 ASPH Normal レンズ, シルバー (海外取寄せ品)
    価格:1988295円(税込、送料無料) (2016/11/26時点)







    Iphoneアプリ おすすめデジカメ、レンズ、感想フィルムカメラ、自家現像水槽レイアウト公園、自転車 改造 クロスバイクトマト 育て方 種類 病気家庭菜園-育て方キュウリ 育て方 病気 節成 摘芯イチゴ 育て方 レシピ種まき時期、発芽適温、日数、育て方エビ飼育根、茎、葉、葉脈、断面ナス 育て方 レシピゴーヤー 育て方 種類 摘芯蕪 育て方 種類 レシピ水耕栽培