LEICA SUMMICRON-M 50mm f/2


【LEICA SUMMICRON-M 50mm f/2 レンズの名玉度】

  *評価をお願いします。(Ratings of this Lens. Please Rate !!! )


LEICA SUMMICRON-M 50mm f/2 の新品・中古の価格(円)、販売状況 (Search listings)



楽天でSUMMICRON 50 2を検索した結果。
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示しているショッピングモールでの検索結果は、本ページのレンズだけではありません。ご注意ください。(Listings are containing other Lenses !!)


LEICA SUMMICRON-M 50mm f/2 のレンズフード、レンズキャップ、レンズフィルターの価格(円)、販売状況 (Search listings)



楽天でSUMMICRON レンズフードを検索した結果。
Supported by 楽天ウェブサービス
*ここに表示されているレンズフード、レンズキャップは装着できないものも含んでいます。(Listings are containing other Lenses Hoods and Caps !!)
対応したレンズフードでない場合、装着できても、通常撮影時、フラッシュ撮影時にフードの影が映り込むことがあります。 ご注意ください。
ネジ式、バネ式、その他の装着方式があります。ネジ式の場合には、レンズの直径とネジのピッチを確認する必要があります。
レンズキャップはバネ式の場合、レンズの直径が合えばある程度、汎用的に使うことが可能です。径が同じ他メーカーのキャップが使えることも有ります。




LEICA SUMMICRON-M 50mm f/2 のレンズ構成(群、枚)、最短撮影距離(m)、絞り値、重量(g)、マウント、コーティング (Spec of this lens)


LEICA SUMMICRON-M 50mm f/2の情報
  • 発売メーカー(Company):ライカ(LEICA)
  • 発売日(Release Year in Japan):年
  • 発売時の定価(Price:JPY):円
  • 焦点距離(Focal Length):50mm
  • 絞り(Diaphragm):2-16
  • レンズ構成(Optics):4群6枚(groups,elements)
  • 最短撮影距離(Close Focus):0.7m
  • 重量(Weight):240g、335g (black anodized, silver chrome finish)
  • 対応マウント(Mount):LIECA M
  • 備考(Description):新しい世代に移っていくと、レンズの焦点距離がどんどんと広角よりになっていき、明るさもF1.4以下というのが頻繁に登場するようになっていき、影は薄いかもしれませんが、 ライカレンズの中で初期の頃に基本的な標準レンズとなったSUMMICRONレンズです。基本レンズだけあって性能よく、特徴をしっかりと持っていてライカレンズらしいレンズとも言えます。色乗りの良さ、ツヤのある描写、高解像度な画質と、評判のいいレンズです。世代が新しいレンズほど性能面はよくなっていくようです。
    中古市場でも流通していて、古い世代のものも含めてかなりの数が出回っています。標準レンズとしての位置づけのSUMMICRONレンズでしたので昔のものほど数があるようです。古いものや、お買い得のものがたまにある、ライカレンズです。Rマウント(一眼レフ)、Lマウント、Mマウントと種類があるので注意が必要です。
*記載ミス、調査ミスなどもあります。また、製造年により仕様が変更されていることもよくあります。ご購入の際には、現物をよくご確認ください!


[ LEICA summicron M 50 version.III ] Groupの作例 - ポートレート、スナップ、風景写真 - Photo Gallery (http://www.flickr.comより)

他のレンズで撮影された写真の場合があります。(Works may be taken by other Lenses)

写真はhttp://www.flickr.com/に公開されている作品です。それぞれの写真はリンク先の作者にクリエイティブ・コモンズに基づいた権利を有します。
Some rights reserved by each author of the link on each photo.










 LEICA SUMMICRON M 50mm f/2







LEICA SUMMICRON-M 50mm f/2 のレビュー、評価、比較、作例、名玉?分解整備の情報など (Comments of this Lens)



  • 結構、見かけるレンズで値段もそこそこです。これで家族のスナップ写真を撮ると、それだけで、一味違う家族写真になります。


  • 雰囲気のある年季の入った工場の写真をこってりし過ぎずに映し出す良いレンズです。圧倒的に西洋のものを撮ると雰囲気が発揮されやすいようです。ただ、この代表的なレンズで撮った写真がライカだってすぐに分かるくらい、特徴が出ていることもあるようです。フィルム時代の写真だと、他のレンズと比べると、同じ時代にこれだけの解像度でフィルム写真を写せるということだけで、選択肢は狭まり、風合いや画角などからライカじゃないのかなっとわかってしまうのかも知れません。デジカメになった現代の写真では解像度はもはや、どのカメラも大差がなくなってしまって、判断材料にはならなくなりましたし、風合い、色、コントラストもデジタル処理で変わってしまいますので、違いを見つけるのはだいぶ難しくなりました。


  • ライカのレンズの中でも他のレンズとくらべても、性能がかなりいいとのことで、実際にとても整った描写をします。しかし、フィルムじゃない写真は写真と呼んではいけないと感じている今日このごろです。昔からデジタルがノイズが減ってきてもう、クリアだろうってなって、もうノイズが見当たらない位になった頃から急激にデジタルに興味がなくなりました。今では、デジカメで撮影した画像は画像ファイルであり、写真ではないという感じで、みな様々なエフェクトをかけています。もちろん、IPHONEのカメラも綺麗で写真が撮れるわけではなく、画像ファイルがリアル目線でキャプチャ出来るという感じです。それをエフェクトソフトを使いみんな、こぞっって、フィルム写真のようなエフェクトをかけています。つまりは、デジタルで撮影した画像はエフェクトをかけないと、写真にはならないのです。こんな状況になっていて、フィルムなんて見たこともない若い人でさえそう感じているのに、フィルム世代だったカメラファンはどうしてしまったんでしょうか???ほんとうにもっと元気ださないといけませんね。なんだか守りに入って大人しくなって、つまらないデジタルカメラの写真か画像ファイルだか分からないものを撮ってそれでいて、写真教室に通ってみて、デジタルキャプチャするだけのデジタルカメラの使い方やそのノイズを更に減らすキャプチャソフトの使い方を習う。構図なんてありもしません。形も比率も違いますし、トリミングしますし、なんもなくなってしまいました。ハイビジョン画質の動画をキャプチャしているだけです。こんなの写真じゃありません。だから、か?意外と年季の入った一眼デジタルユーザも全てを売り払い、一気に本当のカメラを買っている人が居ます。むろん、ライカですが。。。ライカ以外じゃ、たしかに、フィルムで苦労して撮影した時に最大限の喜びを与えない、それに安いもんです。中古ならば。ライカが安いんですから、そりゃ、ライカを買う以外に考えることはありません。そして、本当に自分が撮りたいと思った写真だけを撮りたい時にぱっと撮影するようにしたら楽しいライフが待っています。そもそも、ライカ自体が、バルナックの時には沈胴式でポケットに入れていつでも持ち歩けたので、全く、撮影しなくても気になりません。持っていて撮影しなくてもいいという、プレッシャーから開放された感じです。こんな感じは一応、Mでもあり、若干でかいですが、それでも、コンパクトカメラの範疇ですし、接写してピントをキリキリ合わせて力んで撮るカメラじゃありません。それこそが写真だからです。写真はライカが考えだしたものだと言ってしまいたくなりますが、ライカのコンセプトって大事なことだと思います。それが今になってようやく分かるわけです。ちゃんと像をフィルムに焼き付けられる、それでいて、フィルムのノイズが残る。これはデジタルのデジタルノイズとは違い、変な無関係なRGBの角ばったノイズなんて出ません。それがアナログのノイズとデジタルのノイズの違いです。デジタルでノイズが出たら、最悪です。CDでノイズが出たら、耳が破壊されるほど痛いことになりますし、レコードやテープのノイズは心地よい自然なもの、それでもテープは磁気で焼きつたデジタル的な信号なのでレコードの凸凹の深さだけで再現するということでは、フィルムと一緒です。もっといえば、演奏している楽器からは常に意図しない音が出ていますが、それはノイズとは言われず、楽器の良さとして、高い楽器ほどいいノイズが出ています。もはや、ノイズが何十万もの価値を生み出しているのです。それと一緒で、アナログのノイズがない画像ファイルなんてただの静止画です。写真じゃありません。写真をとりましょう。見た目だけは昔の往年のフィルムカメラの体をしたプラでできた鉄のような塗装が塗られたデジタルカメラではなく、ほんとうのカメラを買いましょう。それは、中級デジタルカメラと同じ値段で買えてしまいます。フィルムが無くなるのではないかと心配しているためにデジタルに移行したという人がいるかもしれませんが、なくならないと思います。より贅沢品として残ることになります。どうです?今の最高だと思っていたデジタルカメラよりも最高なのがフィルム写真です。ライカも新しいものでもフィルムをカメラを出してくるなどしてくるように、フィルムのほうが写真というアートとしては圧倒的にいいのです。額縁に入れて展示してみたときに、フィルムで撮ったノイズだらけの写真の方がどれだけいいか?モノクロではおおいですが、カラーでも俄然もんだいありません。だいたい、カラーよりモノクロが多いのは、現像の薬がっていうだけのことで、大きい印画紙にパンの上で現像すると吸い込んでしまいますから、まあ、よくありません。そういうときは密閉容器でフィルムだけを現像して、あとはフィルムをスキャンして使うといいです。フィルムスキャンでも意外とフィルムで撮影したアナログ的なノイズは入ってきます。それこそが一番、簡単な最高の写真の楽しみ方です。現像サービスを頼むも良し、自分でカラー現像するもよし、ただ、やっている人が少ない、みんながデジ一買ったからデジタルにしたというのは、そろそろもういいかなと思います。だいたい、自分もCCDのデジカメからCMOSのデジカメに移行できずにそのまま、中古を探してつないでいるくらいです。デジタルでさえ、その時点でストップしたとも感じています。まあ、さすがにライカはなんとかしていくらでも金を積んででもCCDでちゃんとしたものは出してくるので、それが証拠だなと思います。ただ、こんなことは、エントリーモデルの古い中古デジカメでもみんなCCDで撮れますので、ほんと、なんだか、損しているって、今まで騙されていたかのような衝撃を受けます。まさしく、世の中の仕組みがこうなっていたんだって初めて気がついたときの衝撃のようです。別に知らなきゃそれでいい、知らないほうが幸せっていうことはありますので、あくまでも自分がいいと思っているものが一番いいものです。そう思っていられることが一番幸せです。


  • 古いレンズでも安くてとてもいいです。本体込みでとても安くで入手できました。これがいいです。ライカがこの値段で買えていいのか?ということを疑問に思ったりもします。もちろん、フィルムですが、フィルムカメラも慣れるといいもんです。これしかないっていうくらいに持ち出す機会が増えました。特にこんな安いフィルムライカがあったら、50mm付けっぱなしで、目的がない時にふと目についたもので、写真でも撮ろうかな?って思った時に1枚、1枚と撮っていくと、ちょうどいい、枚数も、重さも、全てがいい。こんな本来のカメラの使い方が出来るんだ!それもライカでという驚きがありました。


  • 他のライカレンズを見ていると、桁が違う!!!それも少ない!!こんなレンズもライカにあったのか?という感じです。それは古いズミクロンでした。。 新しくなってくるとそれなりに高くなってきますが。それにしても、なんだか、いいです。F2だとそれほど背景がぼやけないかと思ったら、結構大きくボケるものです。なぜか、わかりませんが、そして、このボケの感じがとても上品な気がしてしまうのは自分だけでしょうか。性能的には最近の安いレンズの方がシャープに写るとかあるんですが、写真はピントがあってない所が重要だと思っていまして、ぼやけたところのボケ具合がその写真の質を決めるような気がします。硬いボケは質実剛健なイメージ、柔らかいボケは優しい写真、そして、このレンズのボケは上品な感じがします。別にライカだからそう思い込んでしまうわけじゃないですが。。。。。



LEICA SUMMICRON-M 50mm f/2 の評判、感想、口コミ-SUMMICRON 50 2を含むツィートの検索結果 (Twitterより)




facebook LEICA SUMMICRON M 50mm f/2twitter LEICA SUMMICRON M 50mm f/2facebook LEICA SUMMICRON M 50mm f/2twitter LEICA SUMMICRON M 50mm f/2by icon LEICA SUMMICRON M 50mm f/2



このレンズは自分のカメラに装着できるのか?( Search Lens Mount Adapters )


・【異なるメーカーのオールドレンズを付ける方法】(ページヘ移動する)



他のレンズを探す( Search Lenses )


  • キーワードで検索する( Search by Keywords )





  • おすすめのページ!



    おすすめのページ

    マクロレンズ おすすめ-リバースアダプタ

    マクロレンズ おすすめは?と聞かれれば、それはマイクロニッコールだよ。といいますが、スマホでいいんじゃない?と思います。もしくは、コンデジ。 そういう普通のマクロが撮れればいいんだったら、断然、スマホ、コンデジ、です。 なぜなら、3cmとか簡単に寄れるものがあります。一体、高齢になったらスマホは必須なのにどうなるんでしょうね。国民全員にスマホを配布するのか?新聞やNHKでさえ、未だ、配布されていない現代ではあり得ません。

    ハウスドゥ!競売対策にハウス・リースバック!

    住宅ローンを組んでいる者としては競売って言葉は、身が凍える思いがする言葉ですね。こんなこと一生関わり合いたくないものだと思っている人が100%です。 誰もそんな目に会いたくないと思っているわけですが、実際、そうなった時、どうするの??? ということになります。

    オールドレンズ おすすめ、名玉

    一般的に有名な銘レンズと言われているレンズがあります。 それは、口コミ、感想などというよりは、値段、ステータスのようなもので、いいかどうかじゃなく、いいはずだという、高級レンズという意味合いの強いもので、高い値段をつけるので、決して悪くはなく、当時の最高技術を結集したものであるため、いいものだということが言えます。

    さてオクは高く売れる?仕組み、急ぎの不動産売却に!

    おそらく、今後、展開していくと思いますが、まずは、「東京」「神奈川」「埼玉」「千葉」が対象です。 「さてオクの」特徴は、

    マウントアダプター、フランジバック

    以下の一覧にあるレンズのフランジバックよりも短いフランジバックのカメラボディがあれば、補正レンズの無いマウントアダプターで近接から無限遠まで撮影出来る可能性があります。


    おすすめの商品

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    Leica 11667 Noctilux-M 50mm/f0.95 ASPH Normal レンズ, シルバー (海外取寄せ品)
    価格:1988295円(税込、送料無料) (2016/11/26時点)







    Iphoneアプリ おすすめデジカメ、レンズ、感想フィルムカメラ、自家現像水槽レイアウト公園、自転車 改造 クロスバイクトマト 育て方 種類 病気家庭菜園-育て方キュウリ 育て方 病気 節成 摘芯イチゴ 育て方 レシピ種まき時期、発芽適温、日数、育て方エビ飼育根、茎、葉、葉脈、断面ナス 育て方 レシピゴーヤー 育て方 種類 摘芯蕪 育て方 種類 レシピ水耕栽培